sanso114の日記

日々気になったことを気楽に書き留めています。

第49回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント第2日目の様子・・・R4.9.24③

 昨朝から宮城県にある「利府ゴルフ倶楽部(6491ヤード、パー72)」において国内女子ツアー、「第49回ミヤギテレビダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」が3日間の日程で開催され、その第2日目、すなわち予選ランド最終日が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は7000万円、優勝賞金は1260万円で、初日から2日間に亘る予選ラウンド終了時に50位タイまでに入っている選手が最終日1日の決勝ラウンドへと駒を進められる予定となっている。

 

 有望新人、実力派の若手選手、中堅選手、ベテラン選手、実力派外国人選手と幅広い選手層が毎週のように熱いバトルを楽しませてくれるのがこのツアーである。

 

 そしてひところは上位に集中していた実力派外国人選手が目に見えて減り、そこに若手有望選手が入っているのが嬉しい。

 

 先週も昨年11月に2021年度最終プロテストにトップで合格したばかりの94期生、ルーキーの尾関彩美悠(アミユ、19歳、158㎝、50㎏)が見事初優勝を果たしている。

 

 先々週同期の川﨑春花(19歳、158㎝、51㎏)が優勝したので、それが結構刺激になっていたようである。

 

 そして、今回は世界ランキング36位で新世紀世代をリードするひとり、同世代のライバル達の活躍が刺激となって調子を上げ、国内女子ツアーで11試合連続ベストテンと絶好調の山下美夢有(21歳、150㎝、52㎏)が初日12バーディーの-12と爆発的に伸ばし、単独首位に立って独走しているが、これが何と国内女子ツアーのアンダースコア新記録となるそうな。

 

 凄い!?

 

        山下やスタートダッシュ独走し

        新たな地平切り拓くかも

 

 なおライブ中継であるが、テレビでは全国的に視られるのに限るとCS放送の日テレジータスで土曜日、日曜日の午前中に少し予定され、同じくCS放送の日テレNEWS24で土曜日の午後に少し予定されているぐらいである。

 

 その代わりと言っては何であるが、インターネット動画配信サイトのGOLFTV、DAZN、U-NXETでは4日間に亘りたっぷりと予定されている。 

 

        国内の女子のツアーは次々と

        スター輝き胸弾むかも

 

        国内の女子のツアーは若手等が

        刺激し合って勝っているかも

 

        国内の女子のツアーはテレビより

        ネットに主軸移動したかも

 

 さて単独首位を維持しているのは世界ランキング36位で絶好調を維持している山下美夢有(21歳、150㎝、52㎏)で、2日目5バーディーの-5、トータル-17と大きく伸ばしている。

 

 2日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-12からスタートし、前半では3バーディーの-3、トータル-15と伸ばし、後半に入ってからも2バーディーの-2、トータル-17と順調に伸ばしている。

 

 これは2日間のアンダー記録とはならないそうで、上には上がいるものである。

 

        山下や大きく伸ばし首位を維持

 

        山下や大きく伸ばし差を広げ

        益々視界開けるのかも

 

        山下や首位を維持して強さ魅せ

 

 2位タイに付けているのは世界ランキング125位で実力派若手選手のひとり、はんなり系で人気の三ヶ島かな(26歳、164㎝、51㎏)、世界ランキング232位で昨年の11月に2021年度の最終プロテストに合格した飛ばし屋の竹田麗央(リオ、19歳、166㎝、68㎏)で、トータル-9まで伸ばしている。

 

 三ヶ島かなは2日目9バーディー、1ボギーの-8と爆発的に伸ばして40位も上げて来た。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-1からスタートし、前半では第1~5ホールの5連続バーディーと1ボギーで-4、トータル-5と伸ばし、後半でも4バーディーの-4、トータル-9と順調に伸ばしている。

 

        三ヶ島かな爆発魅せて二位に上げ

 

        三ヶ島かな大きく上げて強さ魅せ

 

        三ヶ島かな二位まで上げて強さ魅せ

 

 竹田麗央は2日目6バーディー、2ボギーの-4と伸ばして2位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタートで、トータル-5からスタートし、前半では2バーディーの-2、トータル-7と伸ばし、後半でも4バーディー、2ボギーの-2、トータル-9と順調に伸ばしている。

 

        竹田麗央確り伸ばし上げて魅せ

 

        竹田麗央実力発揮二位に上げ

 

        竹田麗央二位まで上げて力魅せ

 

 4位タイに付けているのは世界ランキング75位で黄金世代をリードするひとり、念願の国内女子ツアー初優勝を今年果たした高橋彩華(サヤカ、24歳、162㎝、55㎏)、世界ランキング277位で昨年の6月に2020年度の最終プロテストに合格したプラチナ世代の上野菜々子(22歳、163㎝、67㎏)で、トータル-8まで伸ばしている。

 

 高橋彩華は2日目5バーディーの-5と大きく伸ばして19位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタートで、トータル-3からスタートし、前半では1バーディーの-1、トータル-4と少し伸ばし、後半に入ってからは加速して4バーディーの-4、

トータル-8と確り伸ばしている。

 

        高橋や大きく伸ばし上げて魅せ

 

        高橋や確り上げて強さ魅せ

 

        高橋や四位まで上げ強さ魅せ

 

 上野菜々子は2日目3バーディー、1ボギーの-2と伸ばしながらも1位下がっている。

 

 2日目はアウトスタートで、トータル-6からスタートし、前半では3バーディーの-3、トータル-9と伸ばしたが、後半に入ってからは1ボギーの+1、トータル-8と少し落としている。

 

        上野菜々子伸ばしながらも一位下げ

 

        上野菜々子伸ばし足りずに一位下げ

 

        上野菜々子四位で通過力魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング339位で飛ばし屋の川岸史果(27歳、166㎝)は2日目イーブン、トータル-7と伸ばせず、4位下がって6位タイとなっている。

 

 世界ランキング79位で昨年の6月に最終プロテストに合格し、直ぐにステップアップツアーで優勝して国内女子ツアーでは同期で真っ先に優勝するだけではなく見事2連勝を果たした岩井千怜(チサト、20歳、162㎝、59㎏、岩井ツインズの妹)は2日目-6、トータル-6と大きく伸ばし、58位も上げて9位タイに付けて来た。

 

 2連勝した後、4試合連続で予選落ちし、今回ももしかしてそうなるのかと心配していたら、この上げ方である。

 

 姉以上のこの爆発力、メリハリ感、中々ではないか!?

 

        岩井千怜大きく伸ばし上げて魅せ

 

        岩井千怜大きく上げて強さ魅せ

 

        岩井千怜九位まで上げ強さ魅せ

 

        岩井千怜ジャンプアップで楽しませ

 

 世界ランキング89位で狭間世代をリードするひとり、国内女子ツアー初優勝が待たれるナチュラル系で人気の高い菅沼菜々(22歳、158㎝)、世界ランキング135位で黄金世代をリードするひとり、国内女子ツアーのメジャー大会に強いところを見せて来たモデル系の原英莉花(23歳、173㎝、58㎏)は共に2日目-2、トータル-6と伸ばして9位タイを維持している。

 

        菅沼菜々じわりと上げて九位維持

 

        菅沼菜々強さを魅せて九位維持

 

        菅沼菜々九位維持して強さ魅せ

 

        原英莉花じわり伸ばし九位維持

 

        原英莉花実力発揮九位維持

 

        原英莉花九位維持して期待させ

 

 世界ランキング101位で実力派中堅選手のひとり、交流関係が広く優しいお姉さん格の青木瀬令奈(29歳、153㎝、50㎏)は2日目-1、トータル-6と少し伸ばしながらも、5位下がって9位タイとなっている。

 

        青木瀬令奈伸ばしながらも五位下がり

 

        青木瀬令奈伸ばし足りずに五位下がり

 

        青木瀬令奈九位で通過強さ魅せ

 

 世界ランキング66位で黄金世代をリードするひとり、殆んど休まないことから鉄人と呼ばれている小祝さくら(24歳、158㎝、58㎏)は2日目-1、トータル-5と少し伸ばしながらも、7位下がって16位タイとなっている。

 

        小祝や伸ばしながらも七位下げ

 

        小祝や伸ばし足りずに七位下げ

 

        小祝や上位で通過強さ魅せ

 

 世界ランキング72位でプラチナ世代をリードするひとり、お洒落やコスメに強くコスメ番長と呼ばれている吉田優利(22歳、158㎝、58㎏)は2日目イーブン、トータル-5と伸ばせず、12位下がって16位タイとなっている。

 

 世界ランキング64位で黄金世代をリードするひとり、筋力アップによって世代有数の飛ばし屋に変身して米国女子ツアーへの本格参戦を目指している勝みなみ(24歳、157㎝)は2日目-1、トータル-4と少し伸ばしながらも、1位下がって24位タイとなっている。

 

        勝みなみ伸ばしながらも一位下げ

 

        勝みなみ伸ばし足りずに一位下げ

 

        勝みなみ中位で通過意地を魅せ

 

 世界ランキング115位で昨年の11月に最終プロテストにトップ合格して先週念願の国内女子ツアー初優勝を果たした尾関彩美悠(アミユ、19歳、158㎝、50㎏)は2日目イーブン、トータル-4と伸ばせず、15位下がって24位タイとなっている。

 

 世界ランキング43位でプラチナ世代の国内組を代表し、海外のツアーでも確かな力を魅せて来た西村優菜(22歳、150㎝未満、50㎏)、世界ランキング145位で実力若手選手のひとり、木村彩子(26歳、155㎝、50㎏)はともに2日目-2、トータル-3と伸ばし、11位上げて31位タイに付けて来た。

 

        西村優菜じわりと伸ばし上げて魅せ

 

        西村優菜確り上げて強さ魅せ

 

        西村優菜中位で通過意地を魅せ

 

        木村彩子じわりと伸ばし上げて魅せ

 

        木村彩子確り上げて強さ魅せ

 

        木村彩子中位で通過意地を魅せ

 

 世界ランキング139位で実力派中堅選手のひとり、飛ばし屋の渡邉彩香(29歳、172㎝、65㎏)は2日目イーブン、トータル-3と伸ばせず、8位下がって31位タイとなっている。

 

 世界ランキング68位で実力派若手選手のひとり、長期に亘る低迷から昨年復調して念願の国内女子ツアー初優勝を果たし、今年2勝目を挙げた堀琴音(26歳、165㎝、56㎏)は2日目+1、トータル-3と少し落とし、22位も下がって31位タイとなっている。

 

 世界ランキング117位で実力派中堅外国人選手のひとり、柔らかい笑顔が印象的なイ・ミニョン(韓国、30歳、168㎝、73㎏)、世界ランキング127位で黄金世代をリードするひとり、昨年イップスから復調して国内女子ツアー2勝目を成し遂げた大里桃子(24歳、171㎝、60㎏)はともに2日目-2、トータル-2と伸ばし、23位も上げて44位タイに付けて来て、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        イミニョンやじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        イミニョンや大きく上げて通過魅せ

 

        イミニョンや何とか通過意地を魅せ

 

        大里やじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        大里や大きく上げて通過魅せ

 

        大里や何とか通過意地を魅せ

 

 以上で、44位タイまでに入った55名の選手が最終日1日に予定されている決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 それから、世界ランキング130位で昨年の11月に最終プロテストに合格し、陸上によって鍛え上げた確りした体幹を持つ飛ばし屋の佐藤心結(ミユ、19歳、161㎝、57㎏)はトータル-1で56位タイ、世界ランキング22位で狭間世代を代表し、東京五輪銀メダリストで昨シーズン賞金女王の稲見萌寧(モネ、23歳、166㎝、58㎏)、世界ランキング118位で昨年の11月に最終プロテストに合格し、国内女子ツアーに同期ではトップで優勝してライバル達に大きな刺激を与えている川﨑春花(19歳、158㎝、51㎏)、世界ランキング158位で昨年の6月に最終プロテストに合格して比較的直ぐにステップアップツアーで優勝している岩井明愛(アキエ、20歳、161㎝、59㎏、岩井ツインズの姉)は3人共トータルイーブンで66位タイ、世界ランキング159位で昨年の6月に最終プロテストに合格したプラチナ世代の小倉彩愛(サエ、22歳、160㎝、53㎏)はトータル+1で77位タイ、世界ランキング110位で実力派ベテラン選手のひとり、疑問が生じれば誰にでも謙虚に訊ねる菊地絵理香(34歳、157㎝、52㎏)はトータル+4で94位タイとなって、残念ながらCUTの憂き目に遭っている。

ウォールマートNW アーカンソー選手権初日、畑岡、古江、笹生、渋野、上原、野村等の様子・・・R4.9.24②

 昨夜から時差-14時間(現在サマータイム中、それ以外の時期では-15時間)の米国・アーカンソー州にある「ピナクル・カントリー・クラブ(6438ヤード、パー71)」において米国女子ツアー、「ウォールマートNWアーカンソー選手権」が3日間の日程で開催され、その初日が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は230万ドルとなっており、1ドルを約143.3円とすると、約3億3000万円となり、国内女子ツアーに比べると今週は5倍近く高額になっている。

 

 日本人選手としては世界ランキング10位で黄金世代を代表して自他共に認める日本のエース、畑岡奈紗(23歳、158㎝)、世界ランキング20位でプラチナ世代を代表し、全英オープン前哨戦のスコティッシュ・オープンでは米国女子ツアー初優勝を決めて先週は3位タイに入った古江彩佳(22歳、153㎝、54㎏)、世界ランキング33位で新世紀世代をリードするひとり、昨年の全米女子オープンで優勝した飛ばし屋の笹生優花(21歳、166㎝、63㎏)、世界ランキング34位で黄金世代をリードするひとり、全英女子オープンにおいて2019年に優勝して今年単独3位に入った渋野日向子(23歳、167㎝、62㎏)、世界ランキング408位で米国女子ツアーを主戦場とするまだまだチャレンジャーの上原彩子(38歳、155㎝)、世界ランキング487位で米国女子ツアー3勝の実績を持ち、リオ五輪では4位に入った野村敏京(29歳、166㎝、60㎏)の6名が出場している。

 

 畑岡奈紗にとっては2018年、2021年と2回優勝している相性の好い大会であるから、今週も大いに期待される。

 

        畑岡奈紗二度の優勝成し遂げた

        好相性の試合なのかも

 

 なお、ライブ中継はWOWOWとGOLFTVでたっぷりと予定されている。

 

        米国の女子のツアーも日本人

        六人も出て期待膨らみ

 

 さて首位タイに立ったのは笹生優花、世界ランキング12位で小柄ながら結構飛ばすキム・セヨン(韓国、29歳、160㎝)、世界ランキング26位のメガン・カン(米国、24歳、155㎝)、世界ランキング56位のライアン・オトゥール(米国、35歳、170㎝)、世界ランキング151位のイ・ジョンウン5(韓国、33歳、165㎝)、世界ランキング199位のローレン・コフリン(米国、29歳、170㎝)で、初日-7と爆発的に伸ばしている。

 

 笹生優花は初日7バーディーの-7であった。

 

 初日はインスタート(第10ホールから)で、前半では2バーディーの-2と伸ばし、後半に入ってからは加速して5バーディーの-5、トータル-7と大きく伸ばしている。

 

 おっ、久々の好発進か!?

 

 もしかしたら優勝争いに絡み、楽しませてくれるかも、なんとついつい期待を膨らませてしまう。

 

        笹生優花爆発魅せて首位に立ち

 

        笹生優花ボギー叩かず首位に立ち

 

        笹生優花後半加速首位に立ち

 

        笹生優花首位発進で強さ魅せ

 

        笹生優花首位発進で期待させ

 

 キム・セヨンは初日8バーディー、1ボギーの-7であった。

 

 初日はインスタートで前半では3バーディー、1ボギーの-2と伸ばし、後半に入ってからは加速して5バーディーの-5、トータル-7と大きく伸ばしている。

 

        キムセヨン爆発魅せて首位に立ち

 

        キムセヨン後半加速首位に立ち

 

        キムセヨン首位発進で強さ魅せ

 

 メガン・カンも初日8バーディー、1ボギーの-7であった。

 

 初日はアウトスタート(第1ホールから)で、前半では3バーディー、1ボギーの-2と伸ばし、後半に入ってからは加速して5バーディーの-5、トータル-7と大きく伸ばしている。

 

        メガンカン爆発魅せて首位に立ち

 

        メガンカン後半加速首位に立ち

 

        メガンカン首位発進で強さ魅せ

 

 ライアン・オトゥールは初日8バーディー、1ボギーの-7であった。

 

 初日はアウトスタートで、前半では6連続で6バーディーの-6と大きく伸ばし、後半に入ってからは2バーディー、1ボギーの-1、トータル-7と少し伸ばしている。

 

        オトゥールや爆発魅せて首位に立ち

 

        オトゥールやスタートダッシュ首位に立ち

 

        オトゥールや首位発進で力魅せ

 

 イ・ジョンウン5は初日7バーディーの-7であった。

 

 初日はアウトスタートで、前半では3バーディーの-3と伸ばし、後半に入ってからも4バーディーの-4、トータル-7と順調に伸ばしている。

 

        イジョンウン爆発魅せて首位に立ち

 

        イジョンウン実力発揮首位に立ち

 

        イジョンウン首位発進で力魅せ

 

 ローレン・コフリンは初日1イーグル、6バーディー、1ボギーの-7であった。

 

 初日はアウトスタートで、前半では3バーディーの-3と伸ばし、後半に入ってからも1イーグル、3バーディー、1ボギーの-4、トータル-7と順調に伸ばしている。

 

        コフリンや爆発魅せて首位に立ち

 

        コフリンや実力発揮首位に立ち

 

        コフリンや首位発進で力魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング27位のジョージア・ホール(イングランド、26歳、165㎝)は初日-5と大きく伸ばして9位タイに付けている。

 

 世界ランキング4位でかつては天才少女と呼ばれ、長期に亘って世界ランキング1位に君臨していたリディア・コニュージーランド、25歳、165㎝)、世界ランキング5位で天才少女と呼ばれ、既に欧州女子ツアーおよび米国女子ツアーで優勝しているツアールーキーのアタヤ・ティティクル(タイ、19歳)、世界ランキング11のジェニファー・カプチョ(米国、25歳、165㎝)、世界ランキング19位で高位安定を見せているツアー・ルーキーのチェ・ヘジン(韓国、23歳、167㎝)、世界ランキング21位で大病を患いながら復帰したダニエル・カン(米国、29歳、168㎝)の5人共は初日-4まで伸ばして15位タイに付けている。

 

 そして、畑岡奈紗、古江彩佳、世界ランキング2位のネリー・コルダ(米国、24歳、178㎝)、世界ランキング15位のセリーヌ・ビュティエ(フランス、28歳、165㎝)、世界ランキング28位のアンナ・ノードクイスト(スウェーデン、35歳、183㎝)は5人共初日-3まで伸ばして32位タイに付けている。

 

 畑岡奈紗は初日5バーディー、2ボギーの-3であった。

 

 初日はアウトスタートで、前半では2バーディー、1ボギーの-1と少し伸ばし、後半に入ってからも3バーディー、1ボギーの-2、トータル-3と順調に伸ばしている。

 

        畑岡奈紗確り伸ばし中位付け

 

        畑岡奈紗中位発進ホッとさせ

 

        畑岡奈紗中位発進期待させ

 

 古江彩佳は初日3バーディーの-3であった。

 

 初日はインスタートで、前半では3バーディーの-3と伸ばし、後半に入ってからは全てパーで凌いでトータル-3を維持している。

 

        古江彩佳確り伸ばし中位付け

 

        古江彩佳前半伸ばし中位付け

 

        古江彩佳中位発進ホッとさせ

 

 また野村敏京、世界ランキング7位のレキシー・トンプソン(米国、27歳、180㎝)、世界ランキング13位のジェシカ・コルダ(米国、29歳、180㎝、ネリー・コルダの姉)は3人共初日-2まで伸ばしながらも50位タイと少し出遅れている。

 

 野村敏京は初日4バーディー、2ボギーの-2であった。

 

 初日はアウトスタートで前半では1バーディー、1ボギーのイーブンと伸ばせなかったが、後半に入ってからは3バーディー、1ボギーの-2、トータル-2と伸ばしている。

 

        前半は伸ばせず遅れ野村かな

 

        後半に伸ばして期待野村かな

 

        力魅せ後半伸ばす野村かな

 

 世界ランキング25位のアシュリー・ブハイ(南アフリカ、33歳、165㎝)は初日-1と少し伸ばしながらも58位タイと出遅れている。

 

 そして、渋野日向子、世界ランキング3位で日本人選手とも結構交流が伝えられるミンジー・リー(オーストラリア、26歳)、世界ランキング30位のマデリーン・サグストロム(スウェーデン、29歳、175㎝)は3人共初日イーブンで89位タイと出遅れている。

 

 渋野日向子は初日5バーディー、5ボギーのイーブンであった。

 

 初日はアウトスタートで、前半では4バーディー、2ボギーの-2と伸ばしたが、後半に入ってからは1バーディー、3ボギーの+2、トータルイーブンと落としている。

 

        渋野日向子スコア伸ばせず出遅れて

        何とか通過期待するかも

 

        渋野日向子スコア伸ばせず出遅れて

        納得プレイ期待するかも

 

 それから、上原彩子は初日1バーディー、3ボギーの+2と落として124位タイと大きく出遅れている。

 

 初日はインスタートでは、前半では2ボギーの+2と落としたが、後半に入ってからは1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル+2と維持している。

 

        上原や後半耐えて意地を魅せ

 

        上原や後半耐えてこの後の

        予選通過に期待するかも

 

パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ第2日目の様子・・・R4.9.24①

 9月22日(木)の朝から兵庫県にある「小野東洋ゴルフ倶楽部(7113ヤード、パー72)」において、国内男子ツアー、「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」が4日間の日程で開催され、その第2日目、すなわち予選ラウンド最終日が昨日終わっている。

 

 既に第3日目、すなわち決勝ラウンド初日が進行中であるが、ここでは第2日目の様子に付いて触れておく。 

 

 公式サイトによると賞金総額は1億円、優勝賞金は2000万円で、前半2日間に亘る予選ラウンド終了時に60位タイまでに入っている選手が後半2日間に亘る決勝ラウンドへと駒を進められる予定となっている。

 

 毎回書いていることではあるが、女子に比べて試合数が少なく、シーズンオフ、オープンウイーク等、時間のある時にはアジアンツアー、DPワールドツアー(旧欧州男子ツアー)、新機構のリブゴルフ等に遠征している選手も増えて来たこのツアーであるが、メンバーには生活の必要上それだけ積極性が出て来たと言えるのかも知れない。

 

 今週の目玉は昨年のこの大会において見事アマチュア優勝を成し遂げた世界ランキング340位でアマチュア世界ランキング1位を維持していた中島啓太(日体大4年、22歳、177㎝、75㎏)がプロに転向して出場することか!?

 

 そして初日は-3まで伸ばして19位タイと、まあまあの好発進であった。

 

        中島や上位発進力魅せ

 

        中島や上位発進期待させ

 

 なおライブ中継であるが、テレビで全国的に視られるものはCS放送のGAORA SPORTSで、その他インターネットでの配信も予定されている。

 

        国内の男子ツアーはテレビ他

        インターネットで視られるのかも

 

        国内の男子ツアーのメンバーの

        危機感持ったプレイに期待

 

 さて単独首位に立ったのは世界ランキング408位で実力派ベテラン選手のひとり、明るく元気な宮本勝昌(50歳、174㎝、76㎏)で、2日目6バーディーの-6、トータル-11と大きく伸ばして3位上げて来た。

 

 2日目はインスタート(第10ホールから)で、トータル-5からスタートし、前半では3バーディーの-3、トータル-8と伸ばし、後半に入ってからも3バーディーの-3、トータル-11と順調に伸ばしている。

 

        宮本や大きく伸ばし首位に立ち

 

        宮本や大きく伸ばし首位奪い

 

        宮本や首位を奪って力魅せ

 

        宮本や首位を奪って元気魅せ

 

 2位タイに付けているのは世界ランキング183位でこのところ好調を維持し、気に止まることが増えて来た池村寛世(トモヨ、27歳、166㎝、72㎏)、世界ランキング123位で先週の覇者、海外ツアーへの本格参戦を目指している大槻智春(32歳、172㎝、94㎏)、世界ランキング102位で曲がらないのが売りの稲森佑貴(27歳、169㎝、68㎏)、世界ランキング103位で実力派中堅選手のひとり、今平周吾(29歳、165㎝、67㎏)、世界ランキング129位で海外ゴルフ留学を経験して積極的に海外のツアーにもチャレンジしている新鋭、はんなり系の桂川有人(23歳、167㎝、70㎏)で、トータル-10まで伸ばしている。

 

 池村寛世は2日目7バーディーの-7と爆発的に伸ばして17位上げて来た。

 

 2日目はインスタートで、トータル-3からスタートして、前半では3バーディーの-3、トータル-6と伸ばし、後半でも4バーディーの-4、トータル-10と順調に伸ばしている。

 

        池村や爆発魅せて二位に上げ

 

        池村や確り上げて強さ魅せ

 

        池村や二位まで上げて強さ魅せ

 

 大槻智春は2日目6バーディーの-6と大きく伸ばして9位上げて来た。

 

        大槻や大きく伸ばし上げて魅せ

 

        大槻や確り上げて強さ魅せ

 

        大槻や二位まで上げて強さ魅せ

 

 稲森佑貴は2日目5バーディーの-5と大きく伸ばして2位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-5からスタートし、前半では3バーディーの-3、トータル-8と伸ばし、後半に入ってからも2バーディーの-2、トータル-10と順調に伸ばしている。

 

        稲森や大きく伸ばし上げて魅せ

 

        稲森やボギー打たずに二位に上げ

 

        稲森や二位まで上げて強さ魅せ

 

 今平周吾は2日目6バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの-3と伸ばしながらも1位下がっている。

 

 2日目はインスタートでトータル-7からスタートし、前半では5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの-2,トータル-9と伸ばし、後半に入っても1バーディーの-1、トータル-10と少し伸ばしている。

 

        今平や伸ばしながらも一位下げ

 

        今平や伸ばし足りずに一位下げ

 

        今平や二位で通過し強さ魅せ

 

 桂川有人も2日目5バーディー、2ボギーの-3と伸ばしながらも1位下がっている。

 

 2日目はインスタートで、トータル-7からスタートし、前半では2バーディー、1ボギーの-1、トータル-8と少し伸ばし、後半に入っても3バーディー、1ボギーの-2、トータル-10と順調に伸ばしている。

 

        桂川伸ばしながらも一位下げ

 

        桂川伸ばし足りずに一位下げ

 

        桂川二位で通過し強さ魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング300位で実力派ベテラン選手のひとり、欧州男子ツアー(現DPワールドツアー)のメンバーであった宮里優作(42歳、170㎝、70㎏)は2日目-5、トータル-8と大きく伸ばし、6位上げて13位タイに付けて来た。

 

        宮里や大きく伸ばし上げて魅せ

 

        宮里や確り上げて力魅せ

 

        宮里や上位で通過力魅せ

 

 世界ランキング206位で海外ツアーへも積極的にチャレンジしている新鋭の久常涼(20歳、175㎝、75㎏)は2日目-6、トータル-7と大きく伸ばし、41位も上げて16位タイに付けて来た。

 

        久常涼大きく伸ばし上げて魅せ

 

        久常や大きく上げて強さ魅せ

 

        久常や上位で通過強さ魅せ

 

 世界ランキング138位で実力派ベテラン外国人選手のひとり、ブラッド・ケネディ(オーストラリア、48歳、180㎝、82㎏)、世界ランキング153位で米国においてゴルフ留学を経験し、海外ツアーへの本格参戦を目指している新鋭の大西魁斗(23歳、177㎝、70㎏)は共に2日目-4、トータル-7と伸ばし、3位上げて16位タイに付けて来た。

 

        確りと伸ばして上げるケネディかな

 

        上位まで上げ強さ魅すケネディかな

 

        強さ魅せ上位で通過ケネディかな

 

        大西や確り伸ばし上げて魅せ

 

        大西や上位で通過強さ魅せ

 

        大西や上位で通過期待させ

 

 世界ランキング175位でイケメン振りが女子プロゴルファーにも人気の片岡尚之(24歳、171㎝、67㎏)は2日目-4、トータル-6と伸ばし、9位上げて27位タイに付けて来た。

 

        片岡や確り伸ばし上げて魅せ

 

        片岡や確り上げて強さ魅せ

 

        片岡や余裕で通過強さ魅せ

 

 世界ランキング374位で米国男子ツアーメンバーへの復帰を目指している小平智(33歳、172㎝、70㎏)は2日目-2、トータル-6と伸ばしながらも、16位下がって27位タイとなっている。

 

        小平や伸ばしながらも大分下げ

 

        小平や伸ばし足りずに大分下げ

 

        小平や余裕の通過力魅せ

 

 世界ランキング402位で注目新人のひとり、既にこのツアーでも優勝している飛ばし屋の河本力(リキ、22歳、183㎝、人気女子選手河本結の弟)は2日目-6、トータル-5と大きく伸ばし、58位も上げて33位タイに付けて来た。

 

        河本力大きく伸ばし上げて魅せ

 

        河本力大きく上げて力魅せ

 

        河本力余裕の通過力魅せ

 

 世界ランキング252位で実力派中堅選手のひとり、前選手会長のゲンさんこと時松隆光(29歳、168㎝、75㎏)は2日目-4、トータル-5と伸ばし、24位も上げて33位タイに付けて来た。

 

        時松や確り伸ばし上げて魅せ

 

        時松や大きく上げて強さ魅せ

 

        時松や余裕の通過強さ魅せ

 

 世界ランキング106位で実力派若手選手のひとり、飛ばし屋の星野陸也(26歳、186㎝、76㎏)、世界ランキング126位で海外ツアー本格参戦を目指し、積極的に参戦もしている木下稜介(31歳、174㎝、75㎏)は共に2日目-3、トータル-5と伸ばし、3位上げて33位タイに付けて来た

 

        星野陸也確り伸ばし上げて魅せ

 

        星野陸也余裕の通過強さ魅せ

 

        星野陸也余裕の通過意地を魅せ

 

        木下や確り伸ばし上げて魅せ

 

        木下や余裕の通過強さ魅せ

 

        木下や余裕の通過意地を魅せ

 

 世界ランキング225位で実力派中堅外国人選手のひとり、アンソニー・クウェイル(オーストラリア、28歳、193㎝、82㎏)は2日目-2、トータル-5と伸ばしながらも、14位下がって33位タイとなっている。

 

        クウェイルや伸ばしながらも大分下げ

 

        クウェイルや伸ばし足りずに大分下げ

 

        クウェイルや余裕の通過強さ魅せ

 

 世界ランキング226位で実力派ベテラン選手のひとり、海外のツアーにも積極的に参戦している現選手会長谷原秀人(43歳、178㎝、80㎏)は2日目-3、トータル-4と伸ばし、10位上げて47位タイに付けて来た。

 

        谷原や確り伸ばし上げて魅せ

 

        谷原や確り上げて強さ魅せ

 

        谷原や余裕の通過意地を魅せ

 

 世界ランキング340位で元アマチュア世界ランキング1位、プロになったばかりで昨年この大会で優勝した中島啓太(日体大4年、22歳、177㎝、70㎏)は2日目-1、トータル-4と少し伸ばしながらも、28位も下がって47位タイとなっている。

 

        中島や伸ばしながらも大分下げ

 

        中島や伸ばし足りずに大分下げ

 

        中島や余裕の通過意地を魅せ

 

 世界ランキング336位で大学生の時からプロとして活躍して中島啓太を意識していたと言う石坂友宏(23歳、173㎝、75㎏)は2日目イーブン、トータル-4と伸ばせず、36位も下がって47位タイとなっている。

 

 世界ランキング151位で実力派中堅選手のひとり、海外ツアーにも積極的に参戦して一定の成果を出している香妻陣一朗(28歳、165㎝、71㎏、人気女子選手香琴乃の弟)は2日目-5、トータル-3と大きく伸ばし、46位も上げて58位タイに付けて来て、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        香妻や大きく伸ばし上げて魅せ

 

        香妻や大きく上げて通過魅せ

 

        香妻や大きく上げて強さ魅せ

 

 そして世界ランキング169位で実力派ベテラン選手のひとり、米国男子ツアーメンバーへの復帰を夢見る心優しく熱い岩田寛(41歳、178㎝、74㎏)は2日目-2、トータル-3と伸ばしながらも、1位下がって58位タイとなり、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        岩田寛伸ばしながらも一位下げ

 

        岩田寛伸ばし足りずに一位下げ

 

        岩田寛何とか通過意地を魅せ

 

 以上で、58位タイまでに入った74名の選手が後半2日間の決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 それから、世界ランキング80位で実力派若手選手のひとり、激しい筋力トレーニングで低身長をカバーして海外ツアーでも成果を見せている比嘉一貴(27歳、158㎝、70㎏)、世界ランキング154位で実力派中堅選手のひとり、明るい笑顔で人気の堀川未来夢(ミクム、29歳、176㎝、84㎏)、世界ランキング303位で筋力トレーニングの効果が出て、このところ逞しさが目立って来た石川遼(31歳、175㎝、75㎏)は3人共トータル-1で84位タイとなって、残念ながらCUTの憂き目に遭っている。

第49回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント初日の様子・・・R4.9.23④

 今朝から宮城県にある「利府ゴルフ倶楽部(6491ヤード、パー72)」において国内女子ツアー、「第49回ミヤギテレビダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」が3日間の日程で開催され、その初日が、断続的に雨が降る悪天候の中、何とか終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は7000万円、優勝賞金は1260万円で、初日から2日間に亘る予選ラウンド終了時に50位タイまでに入っている選手が最終日1日の決勝ラウンドへと駒を進められる予定となっている。

 

 有望新人、実力派の若手選手、中堅選手、ベテラン選手、実力派外国人選手と幅広い選手層が毎週のように熱いバトルを楽しませてくれるのがこのツアーである。

 

 そしてひところは上位に集中していた実力派外国人選手が目に見えて減り、そこに若手有望選手が入っているのが嬉しい。

 

 先週も昨年11月に2021年度最終プロテストにトップで合格したばかりの94期生、ルーキーの尾関彩美悠(アミユ、19歳、158㎝、50㎏)が見事初優勝を果たしている。

 

 先々週同期の川﨑春花(19歳、158㎝、51㎏)が優勝したので、それが結構刺激になっていたようである。

 

 なおライブ中継であるが、テレビでは全国的に視られるのに限るとCS放送の日テレジータスで土曜日、日曜日の午前中に少し予定され、同じくCS放送の日テレNEWS24で土曜日の午後に少し予定されているぐらいである。

 

 その代わりと言っては何であるが、インターネット動画配信サイトのGOLFTV、DAZN、U-NXETでは4日間に亘りたっぷりと予定されている。 

 

        国内の女子のツアーは次々と

        スター輝き胸弾むかも

 

        国内の女子のツアーは若手等が

        刺激し合って勝っているかも

 

        国内の女子のツアーはテレビより

        ネットに主軸移動したかも

 

 さて、単独首位に立ったのは世界ランキング36位で絶好調を維持している山下美夢有(21歳、150㎝、52㎏)で、初日何と12バーディーの-12と爆発的に伸ばしている。

 

 初日はアウトスタート(第1ホールから)で、前半では6バーディーの-6と大きく伸ばし、後半に入ってからも6バーディーの-6、トータル-12と順調に、大きく伸ばしている。

 

 何でも国内女子ツアーの新記録だとか。

 

 ただただ、凄い!?

 

        山下や爆発魅せて首位に立ち

 

        山下や爆発魅せて独走し

        気付けば記録打ち立てたかも

 

        山下や首位発進で強さ魅せ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング339位で飛ばし屋の川岸史果(27歳、166㎝)で、初日7バーディーの-7と爆発的に伸ばしている。

 

 初日はインスタート(第10ホールから)で、前半では3バーディーの-3と伸ばし、後半に入ってからも4バーディーの-4、トータル-7と順調に伸ばしている。

 

 これでも十分に凄く、トップに立っていても不思議ではないスコアなのであるが、何しろ山下美夢有が凄かった!?

 

        川岸や爆発魅せて二位に付け

 

        川岸や実力発揮二位に付け

 

        川岸や二位発進で力魅せ

 

 単独3位に付けているのは世界ランキング277位で昨年の6月に2020年度の最終プロテストに合格したプラチナ世代の上野菜々子(22歳、163㎝、67㎏)で、初日6バーディーの-6と大きく伸ばしている。

 

 初日はインスタートで、前半では2バーディーの-2と伸ばし、後半に入ってからは加速して、4バーディーの-4、トータル-6と伸ばしている。

 

        上野菜々子大きく伸ばし三位付け

 

        上野菜々子実力発揮三位付け

 

        上野菜々子三位発進力魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング72位でプラチナ世代をリードするひとり、お洒落やコスメに強くコスメ番長と呼ばれている吉田優利(22歳、158㎝、58㎏)、世界ランキング101位で実力派中堅選手のひとり、交流関係が広く優しいお姉さん格の青木瀬令奈(29歳、153㎝、50㎏)は共に初日-5と大きく伸ばして4位タイに付けている。

 

 世界ランキング66位で黄金世代をリードするひとり、殆んど休まないことから鉄人と呼ばれている小祝さくら(24歳、158㎝、58㎏)、世界ランキング68位で実力派若手選手のひとり、長期に亘る低迷から昨年復調して念願の国内女子ツアー初優勝を果たし、今年2勝目を挙げた堀琴音(26歳、165㎝、56㎏)、世界ランキング89位で狭間世代をリードするひとり、国内女子ツアー初優勝が待たれるナチュラル系で人気の高い菅沼菜々(22歳、158㎝)、世界ランキング115位で昨年の11月に2021年度の最終プロテストにトップ合格して先週念願の国内女子ツアー初優勝を果たした尾関彩美悠(アミユ、19歳、158㎝、50㎏)、世界ランキング135位で黄金世代をリードするひとり、国内女子ツアーのメジャー大会に強いところを見せて来たモデル系の原英莉花(23歳、173㎝、58㎏)は5人共初日-4まで伸ばして9位タイに付けている。

 

 世界ランキング64位で黄金世代をリードするひとり、筋力アップによって世代有数の飛ばし屋に変身して米国女子ツアーへの本格参戦を目指している勝みなみ(24歳、157㎝)、世界ランキング75位で黄金世代をリードするひとり、念願の国内女子ツアー初優勝を今年果たした高橋彩華(サヤカ、24歳、162㎝、55㎏)、世界ランキング139位で実力派中堅選手のひとり、飛ばし屋の渡邉彩香(29歳、172㎝、65㎏)は3人共初日-3まで伸ばして23位タイに付けている。

 

 世界ランキング110位で実力派ベテラン選手のひとり、疑問が生じれば誰にでも謙虚に訊ねる菊地絵理香(34歳、157㎝、52㎏)、世界ランキング158位で昨年の6月に最終プロテストに合格して比較的直ぐにステップアップツアーで優勝している岩井明愛(アキエ、20歳、161㎝、59㎏、岩井ツインズの姉)は共に初日-2まで伸ばして33位タイに付けている。

 

 世界ランキング43位でプラチナ世代の国内組を代表し、海外のツアーでも確かな力を魅せて来た西村優菜(22歳、150㎝未満、50㎏)、世界ランキング118位で昨年の11月に最終プロテストに合格し、国内女子ツアーに同期ではトップで優勝してライバル達に大きな刺激を与えている川﨑春花(19歳、158㎝、51㎏)、世界ランキング125位で実力派若手選手のひとり、はんなり系で人気の三ヶ島かな(26歳、164㎝、51㎏)、世界ランキング145位で実力若手選手のひとり、木村彩子(26歳、155㎝、50㎏)、世界ランキング159位で昨年の6月に最終プロテストに合格したプラチナ世代の小倉彩愛(サエ、22歳、160㎝、53㎏)は5人共初日-1と少し伸ばしながらも42位タイと少し出遅れている。

 

 そして、世界ランキング22位で狭間世代を代表し、東京五輪銀メダリストで昨シーズン賞金女王の稲見萌寧(モネ、23歳、166㎝、58㎏)、世界ランキング79位で昨年の6月に最終プロテストに合格し、直ぐにステップアップツアーで優勝して国内女子ツアーでは同期で真っ先に優勝するだけではなく見事2連勝を果たした岩井千怜(チサト、20歳、162㎝、59㎏)、世界ランキング117位で実力派中堅外国人選手のひとり、柔らかい笑顔が印象的なイ・ミニョン(韓国、30歳、168㎝、73㎏)、世界ランキング127位で黄金世代をリードするひとり、昨年イップスから復調して国内女子ツアー2勝目を成し遂げた大里桃子(24歳、171㎝、60㎏)、世界ランキング130位で昨年の11月に最終プロテストに合格し、陸上によって鍛え上げた確りした体幹を持つ飛ばし屋の佐藤心結(ミユ、19歳、161㎝、57㎏)は5人共初日イーブンと伸ばせず、67位タイと出遅れている。

 

 全体的に伸ばし合いの様相を示しているが、何でも、もっと酷い雨を想定したコースセッティングをしていたのと、雨でボールが止まるようになっていたことが重なって、スコアが出易くなっていたらしい。

 

 それでも独走している山下美夢有は流石なわけであるが、明日以降どんな展開になるのか、ちょっと注目してみたい。

2022中国新聞ちゅーピーレディースカップ第2日目の様子・・・R4.9.23③

 昨朝から広島県にある「芸南カントリークラブ(6545ヤード、パー72)」において国内女子ツアーの下部に当たるステップアップツアー、「2022中国新聞ちゅーピーレディースカップ」が3日間の日程で開催され、その第2日目、すなわち予選ラウンド最終日が終わっている。

 

 公式サイトによると、賞金総額は2000万円、優勝賞金は360万円で、初日から2日間に亘る予選ラウンド終了時に50位タイに入っている選手が残り1日の決勝ラウンドへと駒を進めることが出来る予定となっている。

 

 中々盛況で、このツアーで優勝して弾みを付け、レギュラーツアー、それもメジャー大会に優勝して一気に駆け上がったルーキーの川﨑春花のような例もあるから、侮れないツアーでもある。

 

 先週は同期のルーキー、櫻井心那(18歳、166㎝、62㎏)がこのツアーで2勝目を上げ、獲得賞金額ランキングで1位を直走っている。

 

        ステップもルーキー光り放ち出し

        益々熱を感じるのかも

 

 なお、ライブ放送に付いてはCS放送のスカイAで3日間に亘ってたっぷりと予定されており、初日から早速から楽しませて貰っている。

 

 今回は解説がレジェンドの岡本綾子女史であるから、それも中々好い感じである。

 

 さて、単独首位に立ったのは世界ランキング261位で昨年の11月に2021年度の最終プロテストに合格し、先週このツアーで優勝して既にこのツアーにおいて2勝している櫻井心那(ココナ、18歳、166㎝、62㎏)で、2日目8バーディー、1ボギーの-7、トータル-9と爆発的に伸ばして7位上げて来た。 

 

 2日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-2からスタートし、前半では5バーディーの-5、トータル-7と大きく伸ばし、後半でも3バーディー、1ボギーの-2、トータル-9と伸ばしている。

 

 おっ、好調を維持して一気に勝ちに掛かって来たか!?

 

        櫻井や爆発魅せて首位に立ち

 

        櫻井や爆発魅せて首位奪い

 

        櫻井や首位を奪って強さ魅せ

 

        櫻井や首位を奪って期待させ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング655位で同じく昨年の11月に最終プロテストに合格した宮澤美咲(20歳、160㎝、60㎏)で、2日目1イーグル、3バーディー、3ボギーの-2、トータル-7と伸ばしながらも1位下がっている。

 

 2日目はアウトスタートで、トータル-5からスタートし、前半では1イーグル、3バーディー、2ボギーの-3、トータル-8と伸ばして快調であったが、後半に入ってからは1ボギーの+1、トータル-7と少し落としている。

 

        宮澤や伸ばしながらも一位下げ

 

        宮澤や伸ばし足りずに一位下げ

 

        宮澤や後半落とし二位となり

 

 3位タイに付けているのは世界ランキング543位の村田理沙(27歳、161㎝、52㎏)、世界ランキング567位で昨年の11月に最終プロテストに合格した新世紀世代の永嶋花音(ハナネ、20歳、157㎝、54㎏)で、トータル-6まで伸ばしている。

 

 村田理沙は2日目4バーディー、2ボギーの-2と伸ばして3位を維持している。

 

 アウトスタートで、トータル-4からスタートし、前半では3バーディー、1ボギーの-2、トータル-6と伸ばし、後半に入ってからは1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-6と維持している。

 

        村田理沙じわりと伸ばし三位維持

 

        村田理沙実力発揮三位維持

 

        村田理沙三位維持して力魅せ

 

 永嶋花音は2日目3バーディー、2ボギーの-1と少し伸ばしながらも2位下がっている。

 

 アウトスタートでトータル-5からスタートし、前半では2バーディー、1ボギーの-1、トータル-6と少し伸ばし、後半では1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-6と維持している。

 

        永嶋や伸ばしながらも二位下がり

 

        永嶋や伸ばし足りずに二位下がり

 

        永嶋や三位で通過力魅せ

 

 と言うことで、上位4人の中の3人が94期生であるから、流石ではないか!?

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング465位でレギュラーツアーでは2勝している実力派中堅外国人選手のフェイビー・ヤオ(台湾、29歳、164㎝、60㎏)、世界ランキング474位の西山ゆかり(40歳、162㎝、58㎏)は共に2日目-4、トータル-5と伸ばし、8位上げて5位タイに付けて来た。

 

        フェイビーヤオ確り伸ばし上げて魅せ

 

        フェイビーヤオ確り上げて強さ魅せ

 

        フェイビーヤオ五位まで上げて強さ魅せ

 

        西山や確り伸ばして上げて魅せ

 

        西山や確り上げて強さ魅せ

 

        西山や五位まで上げて強さ魅せ

 

 世界ランキング602位で狭間世代の常(ツネ)文恵(23歳、170㎝、52㎏)は2日目-3、トータル-5と伸ばし、3位上げて5位タイに付けて来た。

 

        常文恵確り伸ばし上げて魅せ

 

        常文恵実力発揮五位に上げ

 

        常文恵五位まで上げて力魅せ

 

 世界ランキング622位で昨年の11月に最終プロテストに合格した丹萌乃(25歳、160㎏)は2日目-3、トータル-4と伸ばし、5位上げて8位タイに付けて来た。

 

        丹萌乃確り伸ばし上げて魅せ

 

        丹萌乃実力発揮八位付け

 

        丹萌乃八位まで上げ力魅せ

 

 世界ランキング1139位の山田成美(32歳、164㎝、60㎏)は2日目イーブン、トータル-4と伸ばせず、5位下がって8位タイとなっている。

 

 世界ランキング583位で狭間世代の廣田真優(23歳、152㎝、50㎏)は2日目-3、トータル-3と伸ばし、12位上げて11位タイに付けて来た。

 

        廣田真優確り伸ばし上げて魅せ

 

        廣田真優確り上げて力魅せ

 

        廣田真優上位まで上げ力魅せ

 

 世界ランキング616位でレギュラーツアーでは13勝もしている実力派中堅選手のひとり、成田美寿々(29歳、167㎝、60㎏)は2日目-3、トータル-2と伸ばし、23位も上げて16位タイに付けて来た。

 

        成田美寿々確り伸ばし上げて魅せ

 

        成田美寿々大きく上げて力魅せ

 

        成田美寿々上位まで上げ力魅せ

 

 世界ランキング447位で黄金世代のレギュラツアー優勝経験者のひとり、新垣比菜(23歳、165㎝、56㎏)は2日目-4、トータル-1と伸ばし、36位も上げて21位タイに付けて来た。

 

        新垣比菜確り伸ばし上げて魅せ

 

        新垣比菜大きく上げて強さ魅せ

 

        新垣比菜大きく上げて期待させ

 

 世界ランキング459位で狭間世代の注目株のひとり、レナゴンこと石川怜奈(22歳、168㎝)は2日目-1、トータルイーブンと少し伸ばし、13位上げて26位タイに付けて来た。

 

        石川怜奈少し伸ばして上げて魅せ

 

        石川怜奈確り上げて強さ魅せ

 

        石川怜奈中位で通過意地を魅せ

 

 世界ランキング439位ではんなり系の山内日菜子(26歳、162㎝、60㎏)、世界ランキング559位で昨年の6月に2020年度の最終プロテストに合格した篠崎愛(マナ、24歳、157㎝、48㎏)は共に2日目イーブン、トータルイーブンと伸ばせず、3位下がって26位タイとなっている。

 

 世界ランキング640位の松田鈴英(24歳、167㎝、54㎏)は2日目+2、トータルイーブンと落とし、18位下がって26位タイとなっている。

 

 世界ランキング531位の鈴木真綾(27歳、159㎝)は2日目+1、トータル+1と少し落とし、12位下がって35位タイとなっている。

 

 世界ランキング618位の前田陽子(37歳、164㎝、60㎏)は2日目イーブン、トータル+2と維持し、5位上げて43位タイに付けて来て、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        前田陽子スコア維持して上げて魅せ

 

        前田陽子スコア維持して通過魅せ

 

        前田陽子何とか通過意地を魅せ

 

 世界ランキング582位の服部真夕(34歳、166㎝、57㎏)は2日目+1、トータル+2と少し落とし、4位下がって43位タイとなって、ぎりぎりで予選を通過している。

 

 以上で、43位タイまでに入った51名の選手が最終日1日の決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 それから、世界ランキング364位の宮田成華(ナルハ、24歳、165㎝、57㎏)、世界ランキング523位で狭間世代の注目株のひとり、ナチュラル系で人気の吉本ここね(22歳、161㎝、53㎏)、世界ランキング621位の種子田香夏(27歳、158㎝、55㎏)は3人共トータル+3で52位タイ、世界ランキング603位でレギュラーツアーとこのツアーの両方で優勝している実力派ベテラン外国人選手のひとり、O.サタヤ(タイ、38歳、166㎝、66㎏)はトータル+4で61位タイ、世界ランキング946位の表純子(48歳、159㎝、65㎏)はトータル+7で77位タイとなり、残念ながらCUTの憂き目に遭っている。

 

 なお、世界ランキング502位の篠原まりあ(25歳、162㎝、57㎏)は背中痛が出て、残念ながら途中棄権している。

 

 また、国内男子ツアーの下部に当たるABEMAツアー、「ISPS HANDAヒーロになれ! チャレンジトーナメント2022」も開催されており、最終日となっていたが、悪天候による中断を繰り返した結果、遂に中止となり、昨日までの成績によって世界ランキング2582位(今週の最下位群)でレギュラーツアーで3勝、下部ツアーで2勝の実績を誇る実力派ベテラン、小林正則(46歳、186㎝、82㎏)が優勝と決まった。

 

カズーオープンdeフランス初日、金谷拓実、川村昌弘等の様子・・・R4.9.23②

 9月22日(木)の午後から時差-7時間(サマータイム中。それ以外の時期は-8時間)のフランスにある「ル・ゴルフ・ナショナル(7247ヤード、パー72)」においてDPワールドツアー(旧欧州男子ツアー)、「カズーオープンdeフランス(オープン・ド・フランス)」が4日間の日程で開催され、その初日が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額が300万ユーロで、1ユーロを約139.8円とすると、約4億1900万円となり、今週は国内男子ツアーと比べて4倍ぐらい高額となっている。

 

 日本人選手としては世界ランキング130位で米国男子ツアーへの本格参戦を目標としている金谷拓実(24歳、172㎝、75㎏)、世界ランキング264位で旅人ゴルファーと呼ばれている川村昌弘(29歳、173㎝、72㎏)が出場している。

 

 2人共先ずは予選通過から期待したい。

 

 また、川村昌弘に付いてはゴルフへの情熱と旅情を誘う人気のコラム、「いま僕はココにいます」が「Vol.151 フランス編」に更新されていた。

 

 先週の開催地であるイタリアのローマからはパリまで1105㎞の空の旅となったようだ。

 

 今週は池が結構絡む戦略的なコースのようである。

 

        金谷拓実海外ツアーチャレンジし

        其の意気や善し通過に期待

 

        川村や今週もまたツアー出て

        予選通過を期待するかも

 

        川村や欧州旅行楽しんで

        コラム更新お裾分けかも

 

 さて単独首位に立ったのは世界ランキング159位のラスムス・ホイガールト(デンマーク、21歳、ニコライ・ホイガールトと双子)で、初日10バーディー、1ボギーの-9と爆発的に伸ばしている。

 

 初日はアウトスタート(第1ホールから)で、前半ではいきなり6バーディー、1ボギーの-5と大きく伸ばし、後半に入ってからも4バーディーの-4、トータル-9と順調に伸ばしている。

 

        ラスムスや爆発魅せて首位に立ち

 

        ラスムスや実力発揮首位に立ち

 

        ラスムスや首位発進で力魅せ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング171位のアレクサンデル・ビョークスウェーデン、32歳、185㎝、76㎏)で、初日7バーディーの-7と爆発的に伸ばしている。

 

 初日はアウトスタートで、前半では3バーディーの-3と伸ばし、後半に入ってからも4バーディーの-4、トータル-7と順調に伸ばしている。 

 

        爆発し二位まで上げたビョークかな

 

        力魅せ二位まで上げたビョークかな

 

        二位で出て力を魅せたビョークかな

 

 単独3位に付けているのは世界ランキング502位のポール・バルジョン(フランス、30歳、185㎝、84㎏)で、初日7バーディー、1ボギーの-6と大きく伸ばしている。

 

 初日はインスタート(第10ホールから)で、前半では5バーディーの-5といきなり大きく伸ばし、後半に入ってからも2バーディー、1ボギーの-1、トータル-6と少し伸ばしている。

 

        バルジョンや大きく伸ばし三位付け

 

        バルジョンやスタートダッシュ三位付け

 

        バルジョンや三位発進期待させ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング190位のジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ、46歳、180㎝、79㎏)は初日-5と大きく伸ばして4位タイに付けている。

 

 世界ランキング34位のトーマス・ピーターズ(ベルギー、30歳、196㎝、85㎏)、世界ランキング68位のロバート・マッキンタイア(スコットランド、26歳、178㎝)は共に初日-4まで伸ばして9位タイに付けている。

 

 世界ランキング90位のビクトル・ペレス(フランス、30歳、196㎝)、世界ランキング104位のニコライ・ホイガールト(デンマーク、21歳、ラスムス・ホイガールトとは双子)、世界ランキング168位のグイド・ミグリオッツィ(イタリア、25歳、180㎝)、世界ランキング180位のマルセル・シュナイダー(ドイツ、32歳、180㎝、74㎏)は4人共初日-2まで伸ばして21位タイに付けている。

 

 そして金谷拓実、世界ランキング94位のスリストン・ロウレンス(南アフリカ、25歳)、世界ランキング139位のウエン・ファーガソン(スコットランド、26歳、181㎝)、世界ランキング149位のエイドリアン・オタエギ(スペイン、29歳、183㎝、79㎏)、世界ランキング188位のヒュルリー・ロング(ドイツ、27歳、180㎝)は5人共初日-1と少し伸ばして37位タイに付けている。

 

 金谷拓実は初日2バーディー、1ボギーの-1であった。

 

 アウトスタートで、前半では1バーディーの-1と少し伸ばし、後半に入ってからは1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-1と維持している。

 

        金谷拓実少し伸ばして発進し

        後の展開期待膨らみ

 

        金谷拓実中位発進ホッとさせ

 

 世界ランキング145位のトービヨン・オルセンデンマーク、32歳、175㎝、70㎏)、世界ランキング189位のヨハネス・バーマン(米国、30歳、193㎝、84㎏)は共に初日イーブンと伸ばせず、53位タイと少し出遅れている。

 

 世界ランキング47位のライアン・フォックス(ニュージーランド、35歳、178㎝、98㎏)、世界ランキング60位で見た目とは違い結構フレンドリーらしいアドリアン・メロンク(ポーランド、29歳、198㎝)は初日+1と少し落として72位タイと出遅れている。

 

 世界ランキング50位のパトリック・リード(米国、32歳、183㎝、91㎏)、世界ランキング167位のヘニー・デュプレシ(南アフリカ、25歳)、世界ランキング181位のカレ・サモーヤ(フィンランド、34歳、180㎝、78㎏)は3人共初日+2まで落として96位タイと出遅れている。

 

 世界ランキング184位のリッチー・ラムゼー(スコットランド、39歳、175㎝、73㎏)は初日+3まで落として119位タイと大きく出遅れている。

 

 世界ランキング152位のローリー・カンター(イングランド、30歳、188㎝、80㎏)は初日+5と大きく落として141位タイと大きく出遅れている。

 

 そして、川村昌弘は初日2バーディー、2ボギー、1ダブルボギー、1クインテュープルボギー(+5)の+7と大きく落として単独152位と大きく出遅れている。

 

 アウトスタートで、前半では2ボギー、1ダブルボギーの+4と落とし、後半に入ってからも2バーディー、1クインテュープルボギーの+3、トータル+7と落としている。

 

 上記のコラムにも書いていた魔の第18ホールで罠に引っ掛かり? 舌を噛みそうなクインテュープルボギーを叩いてしまったようだ。

 

 痛い!

 

 此処からの予選通過はまあ無理であろうから、あまりにも痛い!?

 

 此処はこれ以上四の五の言っても仕方が無いから、また次の機会に期待したい。

 

        川村や意識しながら罠に落ち

        四の五の言わず次回に期待

 

 また、世界ランキング101位のオリバー・ベッケル(南アフリカ、27歳、188㎝、90㎏)は初日+9と大きく落として単独154位と大きく出遅れている。        

パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ初日の様子・・・R4.9.23①

 9月22日(木)の朝から兵庫県にある「小野東洋ゴルフ倶楽部(7113ヤード、パー72)」において、国内男子ツアー、「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」が4日間の日程で開催され、その初日が終わっている。

 

 既に第2日目が進行中であるが、ここでは初日の様子に付いて触れておく。 

 

 公式サイトによると賞金総額は1億円、優勝賞金は2000万円で、前半2日間に亘る予選ラウンド終了時に60位タイまでに入っている選手が後半2日間に亘る決勝ラウンドへと駒を進められる予定となっている。

 

 毎回書いていることではあるが、女子に比べて試合数が少なく、シーズンオフ、オープンウイーク等、時間のある時にはアジアンツアー、DPワールドツアー(旧欧州男子ツアー)、新機構のリブゴルフ等に遠征している選手も増えて来たこのツアーであるが、メンバーには必要上それだけ積極性が出て来たと言えるのかも知れない。

 

 今週の目玉は昨年のこの大会において見事アマチュア優勝を成し遂げた世界ランキング340位でアマチュア世界ランキング1位を維持していた中島啓太(日体大4年、22歳、177㎝、75㎏)がプロに転向して出場することか!?

 

 なおライブ中継であるが、テレビで全国的に視られるものはCS放送のGAORA SPORTSで、その他インターネットでの配信も予定されている。

 

        国内の男子ツアーはテレビ他

        インターネットで視られるのかも

 

        国内の男子ツアーのメンバーの

        危機感持ったプレイに期待

 

 さて、首位タイに立ったのは世界ランキング103位で実力派中堅選手のひとり、今平周吾(29歳、165㎝、67㎏)、世界ランキング129位で海外ゴルフ留学を経験し、積極的に海外のツアーにもチャレンジしている新鋭の桂川有人(23歳、167㎝、70㎏)で、初日-7と爆発的に伸ばしている。

 

 今平周吾は初日7バーディーの-7であった。

 

 アウトスタート(第1ホールから)で、前半では4バーディーの-4と伸ばし、後半に入ってからも3バーディーの-3、トータル-7と順調に伸ばしている。

 

        今平や爆発魅せて首位に立ち

 

        今平やボギー打たずに首位に立ち

 

        今平や首位発進で強さ魅せ

 

 桂川有人も初日7バーディーの-7であった。

 

 アウトスタートで前半では4バーディーの-4と伸ばし、後半に入ってからも3バーディーの-3、トータル-7と順調に伸ばしている。

 

        桂川爆発魅せて首位に立ち

 

        桂川丁寧に攻め首位に立ち

 

        桂川首位発進で強さ魅せ

 

 単独3位に付けているのは世界ランキング1937位の大田和佳介(33歳、166㎝、77㎏)で、初日6バーディーの-6と大きく伸ばしている。

 

 インスタート(第10ホールから)で、前半では4バーディーの-4と伸ばし、後半に入ってからも2バーディーの-2、トータル-6と伸ばした。

 

        大田和や大きく伸ばし三位付け

 

        大田和やスタートダッシュ三位付け

 

        大田和や三位発進力魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング102位で曲がらないのが売りの稲森佑貴(27歳、169㎝、68㎏)は初日-5と大きく伸ばして4位タイに付けている。

 

 世界ランキング123位で先週の覇者、海外ツアーへの本格参戦を目指している大槻智春(32歳、172㎝、94㎏)、世界ランキング336位で大学生の時からプロとして活躍していた石坂友宏(23歳、173㎝、75㎏)、世界ランキング374位で米国男子ツアーメンバーへの復帰を目指している小平智(33歳、172㎝、70㎏)は3人共初日-4まで伸ばして11位タイに付けている。

 

 世界ランキング138位で実力派ベテラン外国人選手のひとり、ブラッド・ケネディ(オーストラリア、48歳、180㎝、82㎏)、世界ランキング153位で米国においてゴルフ留学を経験し、海外ツアーへの本格参戦を目指している新鋭の大西魁斗(23歳、177㎝、70㎏)、世界ランキング183位でこのところ好調を維持し、気に止まることが増えて来た池村寛世(トモヨ、27歳、166㎝、72㎏)、世界ランキング225位で実力派中堅外国人選手のひとり、アンソニー・クウェイル(オーストラリア、28歳、193㎝、82㎏)、世界ランキング300位で欧州男子ツアー(現DPワールドツアー)のメンバーであった宮里優作(42歳、170㎝、70㎏)、世界ランキング340位で元アマチュア世界ランキング1位、プロになったばかりで昨年この大会で優勝した中島啓太(22歳、177㎝、70㎏)は6人共初日-3まで伸ばして19位タイに付けている。

 

 中島啓太は手が震える程緊張していたそうであるが、それでもこの位置まで持って来たのは流石ではないか!?

 

 世界ランキング106位で実力派若手選手のひとり、飛ばし屋の星野陸也(26歳、186㎝、76㎏)、世界ランキング126位で海外ツアー本格参戦を目指し、積極的に参戦している木下稜介(31歳、174㎝、75㎏)、世界ランキング175位でイケメン振りが女子プロにも人気の片岡尚之(24歳、171㎝、67㎏)、世界ランキング303位で筋力トレーニングの効果が出て、このところ逞しさが目立って来た石川遼(31歳、175㎝、75㎏)は4人共初日-2まで伸ばして36位タイに付けている。

 

 世界ランキング154位で実力派中堅選手のひとり、明るい笑顔で人気の堀川未来夢(ミクム、29歳、176㎝、84㎏)、世界ランキング169位で実力派ベテラン選手のひとり、米国男子ツアーメンバーへの復帰を夢見る心優しく熱い岩田寛(41歳、178㎝、74㎏)、世界ランキング206位で海外ツアーへも積極的にチャレンジしている新鋭の久常涼(20歳、175㎝、75㎏)、世界ランキング226位で実力派ベテラン選手のひとり、海外のツアーにも積極的に参戦している現選手会長谷原秀人(43歳、178㎝、80㎏)、世界ランキング252位で実力派中堅選手のひとり、前選手会長のゲンさんこと時松隆光(29歳、168㎝、75㎏)は5人共初日-1と少し伸ばしながらも57位タイと出遅れている。

 

 世界ランキング80位で実力派若手選手のひとり、激しい筋力トレーニングで低身長をカバーして海外ツアーでも成果を見せている比嘉一貴(27歳、158㎝、70㎏)は初日イーブンと伸ばせず、79位タイと出遅れている。

 

 世界ランキング402位で注目新人のひとり、既にこのツアーでも優勝している飛ばし屋の河本力(リキ、22歳、183㎝、人気女子選手河本結の弟)は初日+1と少し落として91位タイと大きく出遅れている。

 

 そして、世界ランキング151位で実力派中堅選手のひとり、海外ツアーにも積極的に参戦して一定の成果を出している香妻陣一朗(28歳、165㎝、71㎏、人気女子選手香琴乃の弟)は初日+2まで落として104位タイと大きく出遅れている。