sanso114の日記

日々気になったことを気楽に書き留めています。

ホンダLPGAタイランド第3日目、畑岡、古江、笹生、岩井明・千、西村、原、渋野等の様子・・・R6.2.24①

 2月22日(木)の朝から時差-2時間のタイにある「サイアム・カントリークラブ(6576ヤード、パー72)」において米国女子ツアー、「ホンダLPGAタイランド」が4日間の日程で開催され、その第3日目が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は170万ドルとなっており、1ドルを約150円とすれば、これは約2億5500万円となる。

 

 また予選落ちの無い大会となっている。

 

 日本人選手としては世界ランキング17位で黄金世代を代表し、自他共に認める日本のエースの畑岡奈紗(25歳、158㎝)、世界ランキング20位でプラチナ世代を代表し、安定したプレイが特徴の古江彩佳(23歳、153㎝、54㎏)、世界ランキング26位で新世紀世代を代表し、全米女子オープンの覇者で飛ばし屋の笹生優花(22歳、166㎝、63㎏)、世界ランキング33位の岩井明愛(アキエ、21歳、161㎝、59㎏、岩井ツインズの姉)、世界ランキング77位の岩井千怜(チサト、21歳、162㎝、59㎏、岩井ツインズの妹)、世界ランキング73位でプラチナ世代をリードするひとり、メンタルの強さが武器の西村優菜(23歳、150㎝、50㎏)、世界ランキング95位で黄金世代をリードするひとり、モデル系で飛ばし屋の原英莉花(25歳、173㎝、58㎏)、世界ランキング114位で黄金世代をリードするひとり、全英女子オープンの覇者の渋野日向子(25歳、167㎝、62㎏)が出場している。

 

 なおライブ中継に付いてはWOWOWライブで4日間に亘って放送されており、初日は無料であった。

 

 さて単独で首位を維持しているのは世界ランキング43位で飛ばし屋のパティ・タバタナキト(タイ、24歳、165㎝)で、3日目1イーグル、5バーディー、1ボギーの-6、トータル-16と大きく伸ばしている。

 

 3日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-10からスタートして、前半ではいきなり1イーグル、4バーディーの-6、トータル-16と大きく伸ばし、後半に入ってからは1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-16と維持した。

 

        タバタナキト大きく伸ばし首位を維持

 

        タバタナキト首位を維持して力魅せ

 

        タバタナキト首位を維持して期待させ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング65位のマデリーン・サグストロム(ス ウェーデン、31歳、175㎝)で、3日目1イーグル、3バーディー、2ボギーの -3、トータル-13と伸ばしながらも1位下がっている。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-10からスタートして前半では2バーディー、2ボギーのイーブン、トータル-10と伸ばせなかったが、後半に入ってからは加速して1イーグル、1バーディーの-3、トータル-13と伸ばした。

 

        サグストロム伸ばしながらも一位下げ

 

        サグストロム伸ばし足りずに一位下げ

 

        サグストロム二位に止まり力魅せ

 

 3位タイに付けているのは世界ランキング35位でこれまで安定したプレーを見せて来たチェ・ヘジン(韓国、24歳、167㎝)、世界ランキング92位のエミリー・ペダーセン(デンマーク、27歳、170㎝)、世界ランキング9位でかつては天才少女と呼ばれ、アマチュア時代に国内女子ツアーで優勝しているキム・ヒョージュ(韓国、28歳、165㎝)で、トータル-12まで伸ばしている。

 

 チェ・ヘジンは3日目1イーグル、7バーディー、2ボギーの-7と爆発的に伸ばして21位も上げて来た。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-5からスタートして、前半では4バーディー、2ボギーの-2、トータル-7と伸ばし、後半に入ってからは加速して1イーグル、3バーディーの-5、トータル-12と大きく伸ばしている。

 

        チェヘジンや爆発魅せて三位付け

 

        チェヘジンや連日上げて力魅せ

 

        チェヘジンや三位まで上げ力魅せ

 

 エミリー・ペダーセンは3日目8バーディー、1ボギーの-7と爆発的に伸ばして、21位も上げて来た。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-5からスタートして、前半ではいきなり5バーディー、1ボギーの-4、トータル-9と確り伸ばし、後半に入っても3バーディーの-3、トータル-12と順調に伸ばしている。

 

        ペダーセン爆発魅せて三位付け

 

        ペダーセン下がっても上げ力魅せ

 

        ペダーセン三位まで上げ力魅せ

 

 キム・ヒョージュは3日目5バーディー、2ボギーの-3と伸ばして1位上げて来た。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-9からスタートして、前半では2バーディー、1ボギーの-1、トータル-10と少し伸ばし、後半に入ってからも3バーディー、1ボギーの-2、トータル-12と順調に伸ばしている。

 

        キムヒョージュ確り伸ばし上げて魅せ

 

        キムヒョージュ下がっても上げ強さ魅せ

 

        キムヒョージュ三位に戻し強さ魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング13位で妖精と呼ばれて来たブルック・ヘンダーソン(カナダ、26歳、163㎝)は3日目-4、トータル-11と伸ばし、4位上げて6位タイに付けて来た。

 

        ヘンダーソン確り伸ばし上げて魅せ

 

        ヘンダーソン下がっても上げ強さ魅せ

 

        ヘンダーソン首位に迫って期待させ

 

 世界ランキング91位のアルバン・バレンツエラ(スイス、26歳、175㎝、58㎏)は3日目-2、トータル-11と伸ばしながらも、2位下がって6位タイとなっている。

 

 世界ランキング60位のキム・セヨン(韓国、31歳、160㎝)は3日目-1、トータル-11と少し伸ばしながらも、5位下がって6位タイとなっている。

 

 そして笹生優花は3日目1イーグル、4バーディー、2ボギーの-4、トータル-10と伸ばし、6位上げて11位タイに付けて来た。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-6からスタートして、前半では2バーディー、2ボギーのイーブン、トータル-6と維持し、後半では加速して、1イーグル、2バーディーの-4、トータル-10と確り伸ばしている。

 

        笹生優花確り伸ばし上げて魅せ

 

        笹生優花連日上げて力魅せ

 

        笹生優花首位に迫って期待させ

 

 また古江彩佳は3日目3バーディー、1ボギーの-2、トータル-10と伸ばしながらも、4位下がって11位タイとなっている。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-8からスタートして前半では2バーディー、1ボギーの-1、トータル-9と少し伸ばし、後半に入ってからも1バーディーの-1、トータル-10と少し伸ばした。

 

        古江彩佳伸ばしながらも四位下げ

 

        古江彩佳伸ばし足りずに四位下げ

 

        古江彩佳上位止まり強さ魅せ

 

 また原英莉花は3日目6バーディー、1ボギーの-5、トータル-9と大きく伸ばし、14位上げて16位タイに付けて来た。

 

 3日目はインスタート(第10ホールから)で、トータル-4からスタートして、前半では4バーディー、1ボギーの-3、トータル-7と伸ばし、後半に入ってからも2バーディーの-2、トータル-9と順調に伸ばしている。

 

        原英莉花大きく伸ばし上げて魅せ

 

        原英莉花下がっても上げ力魅せ

 

        原英莉花上位に戻し期待させ

 

 また世界ランキング1位のリリア・ヴ(米国、26歳、165㎝)も3日目-5、トータル-9と大きく伸ばし、14位上げて16位タイに付けて来た。

 

        リリアヴや大きく伸ばし上げて魅せ

 

        リリアヴや連日上げて強さ魅せ

 

        リリアヴや上位まで上げ強さ魅せ

 

 そして岩井千怜は3日目1イーグル、3バーディー、3ボギーの-2、トータル-9と伸ばしながらも、6位下がって16位タイとなっている。

 

 3日目はアウトスタートで、トータル-7からスタートして、前半では1イーグル、2ボギーのイーブン、トータル-7と伸ばせなかったが、後半に入ってからは加速して3バーディー、1ボギーの-2、トータル-9と伸ばした。

 

        岩井千怜伸ばしながらも六位下げ

 

        岩井千怜伸ばし足りずに六位下げ

 

        岩井千怜上位止まり力魅せ

 

 また世界ランキング11位のリン・シユ(中国、27歳、170㎝)も3日目-2、トータル-9と伸ばしながらも、6位下がって16位タイとなっている。

 

 世界ランキング3位のセリーヌ・ビュティエ(フランス、30歳、165㎝)は3日目-5、トータル-7と大きく伸ばし、24位も上げて27位タイに付けて来た

 

        セリーヌや大きく伸ばし上げて魅せ

 

        セリーヌや大きく上げて強さ魅せ

 

        意地を魅せ上位に迫るビュティエかな

 

 世界ランキング6位のコ・ジンヨン(韓国、28歳、165㎝)は3日目-2、トータル-7と伸ばしながらも、3位下がって27位タイとなっている。

 

 世界ランキング15位の梁煕英(ヤン・エイミー、韓国、34歳、173㎝)は3日目-5、トータル-6と大きく伸ばし、24位も上げて34位タイに付けて来た。

 

        梁煕英大きく伸ばし上げて魅せ

 

        梁煕英連日上げて強さ魅せ

 

        梁煕英中位まで上げ意地を魅せ

 

 そして畑岡奈紗は3日目3バーディー、1ボギーの-2、トータル-6と伸ばしながらも、4位下がって34位タイとなっている。

 

 世界ランキング4位のイン・ルオニン(中国、21歳)は3日目-2、トータル-5と伸ばし、1位上げて41位タイに付けて来た。

 

        インルオニンじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        インルオニン下がっても上げ強さ魅せ

 

        インルオニン中位から上げ意地を魅せ

 

 世界ランキング14位のアライセン・カーパズ(米国、25歳、175㎝)は3日目イーブン、トータル-4と伸ばせず、16位下がって46位タイとなっている。

 

 世界ランキング8位のチャーリー・ハル(イングランド、27歳、168㎝)は3日目-3、トータル-3と伸ばし、7位上げて55位タイに付けて来た。

 

        チャーリーハル確り伸ばし上げて魅せ

 

        チャーリーハル連日上げて強さ魅せ

 

        チャーリーハル中位に迫り意地を魅せ

 

 そして渋野日向子は3日目2バーディー、6ボギーの+4、トータル-2と落とし、44位も下がって61位タイとなっている。

 

 また西村優菜は3日目3バーディー、5ボギーの+2、トータルイーブンと落とし、15位下がって66位タイとなっている。

 

 そして岩井明愛は3日目3バーディー、4ボギーの+1、トータル+2と少し落とし、3位下がって単独69位となっている。

ホンダLPGAタイランド第2日目、畑岡、古江、笹生、岩井明・千、西村、原、渋野等の様子・・・R6.2.23①

 2月22日(木)の朝から時差-2時間のタイにある「サイアム・カントリークラブ(6576ヤード、パー72)」において米国女子ツアー、「ホンダLPGAタイランド」が4日間の日程で開催され、その第2日目が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は170万ドルとなっており、1ドルを約150円とすれば、これは約2億5500万円となる。

 

 また予選落ちの無い大会となっている。

 

 日本人選手としては世界ランキング17位で黄金世代を代表し、自他共に認める日本のエースの畑岡奈紗(25歳、158㎝)、世界ランキング20位でプラチナ世代を代表し、安定したプレイが特徴の古江彩佳(23歳、153㎝、54㎏)、世界ランキング26位で新世紀世代を代表し、全米女子オープンの覇者で飛ばし屋の笹生優花(22歳、166㎝、63㎏)、世界ランキング33位の岩井明愛(アキエ、21歳、161㎝、59㎏、岩井ツインズの姉)、世界ランキング77位の岩井千怜(チサト、21歳、162㎝、59㎏、岩井ツインズの妹)、世界ランキング73位でプラチナ世代をリードするひとり、メンタルの強さが武器の西村優菜(23歳、150㎝、50㎏)、世界ランキング95位で黄金世代をリードするひとり、モデル系で飛ばし屋の原英莉花(25歳、173㎝、58㎏)、世界ランキング114位で黄金世代をリードするひとり、全英女子オープンの覇者の渋野日向子(25歳、167㎝、62㎏)が出場している。

 

 なおライブ中継に付いてはWOWOWライブで4日間に亘って放送されており、初日は無料であった。

 

 さて、首位タイに立っているのは世界ランキング43位で飛ばし屋のパティ・タバタナキト(タイ、24歳、165㎝)、世界ランキング65位のマデリーン・サグストロム(スウェーデン、31歳、175㎝)、世界ランキング60位のキム・セヨン(韓国、31歳、160㎝)で、トータル-10まで伸ばしている。

 

 パティ・タバタナキトは2日目6バーディー、1ボギーの-5と大きく伸ばして2位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-5からスタートして、前半では4バーディー、1ボギーの-3、トータル-8と伸ばし、後半に入ってからも2バーディーの-2、トータル-10と順調に伸ばしている。

 

        タバタナキト大きく伸ばし上げて魅せ

 

        タバタナキト首位まで上げて力魅せ

 

        タバタナキト首位まで上げて期待させ

 

 マデリーン・サグストロムも2日目6バーディー、1ボギーの-5と大きく伸ばして2位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-5からスタートして、前半ではいきなり5バーディー、1ボギーの-4、トータル-9と確り伸ばし、後半に入っても1バーディーの

-1、トータル-10と少し伸ばしている。

 

        サグストロム大きく伸ばし上げて魅せ

 

        サグストロムスターダッシュ首位に上げ

 

        サグストロム首位まで上げて力魅せ

 

 キム・セヨンは2日目1イーグル、4バーディー、2ボギーの-4と伸ばして1位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-6からスタートして、前半ではいきなり1イーグル、2バーディーの-4、トータル-10と確り伸ばし、後半に入ってからは2バーディー、2ボギーのイーブン、トータル-10と維持している。

 

        キムセヨン確り伸ばし上げて魅せ

 

        キムセヨンスタートダッシュ首位に上げ

 

        キムセヨン首位まで上げて力魅せ

 

 4位タイに付けているのは世界ランキング91位のアルバン・バレンツエラ(スイス、26歳、175㎝、58㎏)、世界ランキング188位のジャラビー・ブンチャン(タイ、24歳、163㎝)、世界ランキング9位のキム・ヒョージュ(韓国、28歳、165㎝)で、トータル-9まで伸ばしている。

 

 アルバン・バレンツエラは2日目1イーグル、6バーディー、1ボギーの-7と爆発的に伸ばして26位も上げて来た。

 

 2日目はインスタート(第1-ホールから)で、トータル-2からスタートして、前半では3バーディー、1ボギーの-2、トータル-4と伸ばし、後半に入ってからは加速して、1イーグル、3バーディーの-5、トータル-9と大きく伸ばしている。

 

        バレンツエラ爆発魅せて四位付け

 

        バレンツエラ後半加速力魅せ

 

        バレンツエラ四位まで上げ力魅せ

 

 ジャラビー・ブンチャンは2日目7バーディー、2ボギーの-5と大きく伸ばして7位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-4からスタートして、前半では3バーディー、1ボギーの-2、トータル-6と伸ばし、後半に入ってからも4バーディー、1ボギーの-3、トータル-9と順調に伸ばしている。

 

        ブンチャンや大きく伸ばし上げて魅せ

 

        ブンチャンや四位まで上げ力魅せ

 

        ブンチャンや四位まで上げ期待させ

 

 キム・ヒョージュは2日目6バーディー、2ボギーの-4と確り伸ばしながらも1位下がっている。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-5からスタートして前半では3バーディー、2ボギーの-1、トータル-6と少し伸ばし、後半に入ってからは加速して3バーディーの-3、トータル-9と伸ばした。

 

        キムヒョージュ伸ばしながらも一位下げ

 

        キムヒョージュ伸ばし足りずに一位下げ

 

        キムヒョージュ四位止まり力魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 そして古江彩佳は2日目1イーグル、4バーディー、3ボギーの-3、トータル-8と伸ばしながらも4位下がっている。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-5からスタートして、前半では1イーグル、3バーディー、2ボギーの-3、トータル-8と伸ばしたが、後半に入ってからは1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-8と伸ばせなかった。

 

        古江彩佳伸ばしながらも四位下げ

 

        古江彩佳伸ばし足りずに四位下げ

 

        古江彩佳七位止まり強さ魅せ

 

 また岩井千怜は2日目1イーグル、7バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの-5、トータル-7と大きく伸ばし、20位も上げて10位タイに付けて来た。

 

 2日目はアウトスタートで、トータル-2からスタートして、前半では1イーグル、2バーディー、1ボギーの-3、トータル-5と伸ばし、後半に入ってからも、5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの-2、トータル-7と順調に伸ばしている。

 

        岩井千怜大きく伸ばし上げて魅せ

 

        岩井千怜大きく上げて力魅せ

 

        岩井千怜十位まで上げ期待させ

 

 世界ランキング11位のリン・シユ(中国、27歳、170㎝)は2日目-4、トータル-7と伸ばし、9位上げて10位タイに付けて来た。

 

        リンシユや確り伸ばし上げて魅せ

 

        リンシユや十位まで上げ強さ魅せ

 

        リンシユや十位まで上げ期待させ       

 

 世界ランキング13位で妖精と呼ばれて来たブルック・ヘンダーソン(カナダ、26歳、163㎝)は2日目-2、トータル-7と伸ばしながらも、7位下がって10位タイとなっている。

 

 そして渋野日向子は2日目7バーディー、1ボギーの-6、トータル-6と大きく伸ばし、34位も上げて17位タイに付けて来た。

 

 2日目はインスタートでトータルイーブンからスタートして前半では4バーディー、1ボギーの-3、トータル-3と伸ばし、後半に入ってからも、3バーディーの-3、トータル-6と順調に伸ばしている。

 

        渋野日向子大きく伸ばし上げて魅せ

 

        渋野日向子大きく上げて力魅せ

 

        渋野日向子上位まで上げ期待させ

 

 また、笹生優花は2日目6バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの-3、トータル-6と伸ばし、2位上げて17位タイに付けて来た。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-3からスタートして前半では3バーディー、1ダブルボギーの-1、トータル-4と少し伸ばし、後半に入ってからも3バーディー、1ボギーの-2、トータル-6と順調に伸ばしている。

 

        笹生優花確り伸ばし上げて魅せ

 

        笹生優花上位から上げ力魅せ

 

        笹生優花上位から上げ期待させ

 

 世界ランキング6位のコ・ジンヨン(韓国、28歳、165㎝)は2日目-1、トータル-5と少し伸ばしながらも、13位下がって24位タイとなっている。

 

 世界ランキング1位のリリア・ヴ(米国、26歳、165㎝)は2日目-5、トータル-4と大きく伸ばし、30位も上げて30位タイに付けて来た。

 

        リリアヴや大きく伸ばし上げて魅せ

 

        リリアヴや大きく上げて強さ魅せ

 

        リリアヴや中位まで上げ意地を魅せ

 

 そして畑岡奈紗は2日目3バーディー、2ボギーの-1、トータル-4と少し伸ばしながらも、11位下がって30位タイとなっている。

 

 また原英莉花は2日ね4バーディー、4ボギーのイーブン、トータル-4と伸ばせず、19位下がって30位タイとなっている。

 

 世界ランキング4位のイン・ルオニン(中国、21歳)は2日目イーブン、トータル-3と伸ばせず、23位も下がって42位タイとなっている。

 

 そして西村優菜は2日目2バーディーの-2、トータル-2と伸ばして51位タイを維持している。

 

        西村優菜じわりと伸ばし順位維持

 

        西村優菜順位維持して意地を魅せ

 

 また世界ランキング3位のセリーヌ・ビュティエ(フランス、30歳、165㎝)も2日目-2、トータル-2と伸ばして51位タイを維持している。

 

        セリーヌやじわりと伸ばし順位維持

 

        意地を魅せ順位維持したビュティエかな

 

 世界ランキング15位の梁煕英(ヤン・エイミー、韓国、34歳、173㎝)は2日目-2、トータル-1と伸ばし、2位上げて58位タイに付けて来た。

 

        梁煕英じわりと伸ばし上げて魅せ

 

        梁煕英少しは上げて意地を魅せ

 

 世界ランキング8位のチャーリー・ハル(イングランド、27歳、168㎝)は2日目-3、トータルイーブンと伸ばし、8位上げて62位タイに付けて来た。

 

        チャーリーハル確り伸ばし上げて魅せ

 

        チャーリーハル下位より上げて意地を魅せ

 

 そして、岩井明愛は2日目2バーディー、4ボギーの+2、トータル+1と落とし、24位も下がって66位タイとなっている。

バーレーン選手権(DPワールドツアー)最終日ディラン・フリッテリおめでとう! 星野陸也等の様子・・・R6.2.5②

 2月1日(木)の12時半頃から時差-6時間のバーレーンにある「ロイヤル・ゴルフクラブ(7261ヤード、パー72)」においてDPワールドツアー(旧欧州男子ツアー)、「バーレーン選手権」が4日間の日程で開催され、その最終日(最終ラウンド)が終わった。

 

 公式サイトによると賞金総額は250万ドルとなっており、1ドルを約148円とすれば、これは約3億7000万円であった。

 

 また優勝賞金は約39.1万ユーロとなり、1ユーロを約160円とすれば、これは約6260万円であった。

 

 日本人選手としては世界ランキング92位で大学生時代にアマチュア世界ランキング1位に長く君臨し、このツアーをステップにして米国男子ツアーへの進出を目指している中島啓太(23歳、178㎝、75㎏)、世界ランキング106位でこのツアーにおいて一定の活躍を見せ始めて、漸く海外ツアーにも馴染んで来た感のある飛ばし屋の星野陸也(27歳、186㎝、80㎏)、世界ランキング284位でこのツアーのシード権を長く保持し、米国男子ツアーメンバーへの転身を目指している旅人ゴルファーの川村昌弘(30歳、172㎝、72㎏)が出場して、星野陸也が予選を通過した。

 

 全体では第2ラウンド終了時に58位タイまでに入っていた74名の選手が決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 それから川村昌弘に関してはゴルフ、旅情等に付いて綴った人気のコラム、「いま僕はココにいます」が「Vol.182 バーレーン編」に更新されていた。

 

 体調、ゴルフの調子、ゴルフ場、交友関係等に付いて興味深く綴られていた。

 

 さて単独で首位を維持したまま、見事優勝したのは世界ランキング434位のディラン・フリッテリ(南アフリカ、33歳、188㎝、81㎏)で、最終日3バーディー、2ボギーの-1、トータル-13と少し伸ばした。

 

 最終日は全員アウトスタート(第1ホールから)で、トータル-12からスタートして、前半では1ボギーの+1、トータル-11と少し落としたが、後半に入ってからは加速して3バーディー、1ボギーの-2、トータル-13と伸ばした。

 

 なおこれがこのツアーにおいて通算3勝目となっている。

 

        フリッテ少し伸ばして首位を維持

 

        フリッテリ首位を維持して力魅せ

 

        フリッテリ首位維持続け勝って魅せ

 

 2位タイに入ったのは世界ランキング118位のザンダー・ロンバード(南アフリカ、29歳、181㎝、85㎏)、世界ランキング267位のイエスパー・スベンソン(スウェーデン、27歳、191㎝、82㎏)で、トータル-11まで伸ばした。

 

 ザンダー・ロンバードは最終日6バーディー、2ボギーの-4と伸ばして2位上げて来た。

 

 最終日はトータル-7からスタートして、前半では3バーディー、1ボギーの-2、トータル-9と伸ばし、後半に入ってからも3バーディー、1ボギーの-2、トータル-11と順調に伸ばした。

 

        ロンバード確り伸ばし上げて魅せ

 

        ロンバード最後も上げて力魅せ

 

        ロンバード二位に入って力魅せ

 

 イエスパー・スベンソンは最終日は最終日4バーディー、2ボギーの-2と伸ばして1位上げて来た。

 

 最終日はトータル-9からスタートし前半では3バーディーの-3、トータル-12と伸ばしたが、後半に入ってからは1バーディー、2ボギーの+1、トータル-11と少し落とした。

 

        スベンソンじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        スベンソンスタートダッシュ二位に上げ

 

        スベンソン二位に入って力魅せ

 

 4位タイに入ったのは世界ランキング234位のフレデリックラクロワ(フランス、28歳)、世界ランキング273位のオキー・ストライドム(南アフリカ、39歳、188㎝、90㎏)で、トータル-9まで伸ばした。

 

 フレデリックラクロワは最終日5バーディー、3ボギーの-2と伸ばして4位を維持した。

 

 最終日はトータル-7からスタートして、前半では1バーディー、2ボギーの+1、トータル-6と少し落としたが、後半に入ってからは加速して4バーディー、1ボギーの-3、トータル-9と伸ばした。       

 

        ラクロワやじわりと伸ばし四位維持

 

        ラクロワや後半加速四位維持

 

        ラクロワや四位に入り力魅せ

 

 オキー・ストライドムは最終日3バーディー、4ボギーの+1と少し落として2位下がった。

 

 最終日はトータル-10からスタートし、前半では3バーディー、1ボギーの-2、トータル-12と伸ばしたが、後半に入ってからは3ボギーの+3、トータル-9と落とした。

 

        ストライドム少し落として二位下がり

        其れでも四位力魅すかも

 

        ストライドム四位に入り力魅せ

 

 以下に気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング133位のセバスティアン・ソダーバーグ(スウェーデン、33歳、188㎝、84㎏)は最終日-2、トータル-8と伸ばし、5位上げて6位タイに入った。

 

        ソダーバーグじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        ソダーバーグ最後も上げて力魅せ

 

        ソダーバーグ六位に入り力魅せ

 

 世界ランキング70位のラスムス・ホイガールト(デンマーク、22歳、187㎝、ニコライ・ホイガールトとツインズ)は最終日-3、トータル-7と伸ばし、9位上げて8位タイに入った。

 

        ラスムスや確り伸ばし上げて魅せ

 

        ラスムスや最後も上げて強さ魅せ

 

        ラスムスや上位に入り強さ魅せ

        

 世界ランキング526位のジョエル・ギルバッハ(スイス、30歳、180㎝、76㎏)は最終日イーブン、トータル-7と伸ばせず、4位下がって8位タイとなった。

 

 そして、星野陸也は最終日4バーディー、1ボギーの-3、トータル-6と伸ばし、14位上げて12位タイに入った。

 

 最終日トータル-3からスタートして、前半では1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-3と伸ばせなかったが、後半に入ってからは加速して、3バーディーの-3、トータル-6と伸ばした。

 

        星野陸也確り伸ばし上げて魅せ

 

        星野陸也最後も上げて力魅せ

 

        星野陸也上位に入り力魅せ

 

 世界ランキング130位のアントワヌ・ロズネル(フランス、30歳、183㎝)も最終日-3、トータル-6となり、14位上げて12位タイに入った。

 

        ロズネルやじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        ロズネルや下がっても上げ力魅せ

 

        ロズネルや上位に入り力魅せ

 

 世界ランキング138位のグラント・フォレスト(スコットランド、30歳、180㎝、75㎏)は最終日イーブン、トータル-4と伸ばせず、6位下がって23位タイとなった。

 

 世界ランキング102位のパブロ・ララサバル(スペイン、40歳、178㎝、75㎏)は最終日-4、トータル-3と伸ばし、33位も上げて29位タイに付けて来た。

 

        ララサバル確り伸ばし上げて魅せ

 

        ララサバル下がっても上げ力魅せ

 

        ララサバル中位に入り力魅せ

 

 世界ランキング103位のヤニク・パウル(ドイツ、29歳、185㎝、77㎏)、世界ランキング128位のロマン・ランガスク(フランス、28歳、178㎝、76㎏)、世界ランキング142位のコナー・サイメ(スコットランド、28歳、178㎝)は3人共最終日+1、トータル-2と少し落とし、9位下がって35位タイとなった。

 

 そして世界ランキング81位のジョーダン・スミス(イングランド、31歳、178㎝、76㎏)は最終日+3、トータル+2と落とし、11位下がって56位タイとなった。

VIC女子オープン(オーストラリア女子ツアー)最終日アシュリー・ラウおめでとう! ・・・R6.2.5①

 2月1日(木)の早朝から時差+2時間(現在サマータイム中。それ以外の時期では+1時間)のオーストラリア・ビクトリア州にある「13thビーチゴルフリンクス①ビーチコース(5660ヤード、パー72)②クリークコース(5650ヤード、パー72)」においてオーストラリア女子ツアー、「VIC女子オープン」が4日間の日程で開催され、その最終日が終わった。

 

 公式サイトによると賞金総額は42万ドルとなっており、これをオーストラリアドルとすれば1オーストラリアドルは約96.5円なので、約4050万円であった。

 

 同じ場所、同じコースにおいて同時に男子ツアーも開催されていたが、先週は男女別に組まれ、男女で距離が違っていた。

 

 日本人選手としては世界ランキング256位ではんなり系で人気の金澤志奈(28歳、164㎝、53㎏)、世界ランキング310位の大出瑞月(26歳、151㎝、48㎏)、世界ランキング538位で黄金世代の工藤優海(24歳、155㎝、55㎏)、世界ランキング539位で遠回りして漸く最終プロテストに合格し、96期生となれた黄金世代の高木優奈(25歳、156㎝、55㎏)、世界ランキング722位で黄金世代、このツアーで頑張って来た杉原彩花(25歳、175㎝)、世界ランキング742位で黄金世代の山路晶(25歳、166㎝)、世界ランキング1015位で黄金世代の深谷琴乃(25歳、163㎝)、世界ランキング1155位でプラチナ世代でこれまで積極的に米国女子ツアー等の海外ツアーに参戦して来た山口すず夏(23歳、160㎝)、世界ランキング1464位で黄金世代の田中瑞樹(25歳、151㎝、50㎏)、新世紀世代の水野円琳(マリン、22歳、160㎝)が出場しており、金澤志奈、大出瑞月、工藤優海、高木優奈、杉原彩花、山路晶、山口すず夏、田中瑞樹の8名が予選を通過している。

 

 なお全体では、前半2日間に亘る予選ラウンド終了時に46位タイまでに入っていた52名の選手が後半2日間に亘る決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 先週は更に3日目終了時点でセカンドCUTが行われ、金澤志奈、大出瑞月、工藤優海、高木優奈、杉原彩花の5人が最終日まで出場していた。

 

 なお全体では第3日目(第3ラウンド)を終えて33位タイまでに入っていた35名の選手が最終日(最終ラウンド)へと駒を進めることが出来た。

 

        豪州で女子のツアーも開かれて

        日本の選手大挙活躍

 

 さて、単独首位に抜け出て見事逆転優勝を果たしたのは世界ランキング403位のアシュリー・ラウ(マレーシア、23歳、165㎝、53㎏)で、最終日7バーディー、1ボギーの-6、トータル-12と大きく伸ばして4位上げて来た。

 

        アシュリーラウ大きく伸ばし上げて魅せ

 

        アシュリーラウ最後も上げて力魅せ

 

        アシュリーラウ逆転勝ちし力魅せ

 

 単独2位に入ったのは世界ランキング15位でかつて世界ランキング1位まで上り詰め、米国と韓国で賞金女王に輝いたレジェンドの申ジエ(韓国、35歳、155㎝、63㎏)で、最終日4バーディー、1ボギーの-3、トータル-11と伸ばしながらも1位下がった。

 

 若い勢いには負けながらも、きっちり2位に入っている。

 

 どこのツアーにおいてもこの強さ、流石ではないか!?

 

        申ジエや伸ばしながらも一位下げ

 

        申ジエや伸ばし足りずに一位下げ

 

        申ジエや二位に入って強さ魅せ

 

 単独3位に入ったのは世界ランキング768位のチョ・ジョンミン(韓国、29歳、164㎝)で、最終日7バーディー、3ボギーの-4、トータル-10と伸ばして2位上げて来た。

 

        チョジョンミン確り伸ばし上げて魅せ

 

        チョジョンミン最後も上げて力魅せ

 

        チョジョンミン三位に入り力魅せ

 

 単独4位に入ったのは世界ランキング473位のユン・ミンア(韓国、21歳)で、最終日3バーディー、2ボギーの-1、トータル-8と少し伸ばしながらも1位下がった。

 

        ユンミンア伸ばしながらも一位下げ

 

        ユンミンア伸ばし足りずに一位下げ

 

        ユンミンア四位に入り力魅せ

 

 5位タイに入ったのは金澤志奈、世界ランキング407位のサラ・ジェーン・スミス(オーストラリア、39歳、165㎝)、世界ランキング207位のカリス・デビッドソン(オーストラリア、25歳、172㎝、58㎏)で、トータル-7まで伸ばした。

 

 金澤志奈は最終日4バーディー、3ボギー、の-1と少し伸ばして5位を維持した。

 

        金澤志奈少し伸ばして五位を維持

 

        金澤志奈五位を維持して強さ魅せ

 

        金澤志奈五位に入って強さ魅せ

 

 サラ・ジェーン・スミスも最終日4バーディー、3ボギーの-1と少し伸ばして5位を維持した。

 

        ジェーンスミス少し伸ばして五位を維持

 

        ジェーンスミス五位を維持して力魅せ

 

        ジェーンスミス五位に入って力魅せ

 

 カリス・デビッドソンは最終日2バーディー、3ボギーの+1と落として4位下がった。

 

        デビッドソンじわりと少し落として四位下げ

        其れでも五位で強さ魅すかも

 

        デビッドソン五位に入って強さ魅せ

        

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング469位のタン・シャノン(シンガポール、19歳)は最終日-3、トータル-6と伸ばし、7位下がって単独8位に入った。

 

        タンシャノン確り伸ばし上げて魅せ

 

        タンシャノン下がっても上げ力魅せ

 

        タンシャノン八位に入り力魅せ

 

 世界ランキング346位のキャシー・ポーター(オーストラリア、21歳)は最終日-3、トータル-5と伸ばし、3位上げて単独9位に入った。

 

        ポーターや確り伸ばし上げて魅せ

 

        ポーターや最後も上げて力魅せ

 

        ポーターや九位に入り力魅せ

 

 世界ランキング377位のカイリー・ヘンリー(スコットランド、37歳、172㎝)は最終日+2、トータル-3と落とし、1位下がって単独10位となった。

 

 そして、大出瑞月は最終日1バーディー、2ボギーの-4、トータル-2と伸ばし、16位上げて11位タイに入った。

 

        大出や確り伸ばし上げて魅せ

 

        大出や最後も上げて力魅せ

 

        大出や上位に入り力魅せ  

 

 世界ランキング304位のサイ・ペイイン(台湾、32歳、156㎝、56㎏)は最終日+4、トータル-1と落とし、7位下がって単独16位となった。

 

 世界ランキング296位のジェニファー・チャン(米国、24歳、167㎝)は最終日+7、トータルイーブンと大きく落とし、14位下がって17位タイとなった。

 

 そして、工藤優海は最終日+2、トータル+2と落とし、5位下がって22位タイとなった。

 

 また、高木優奈は最終日2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの+2、トータル+3と落とし、4位下がって24位タイとなった。

 

 世界ランキング401位のスヒョン・オー(オーストラリア、27歳、168㎝)は最終日+2、トータル+5と落とし、1位下がって29位タイとなった。       

 

 そして杉原彩花は最終日2バーディー、3ボギー、1トリプルボギーの+4、トータル+5と落とし、9位下がって29位タイとなった。

 

 また、世界ランキング336位で日系のモモカ・コボリ(日本名:小堀桃花、ニュージーランド、24歳、160㎝)は最終日+5、トータル+8と大きく落とし、7位下がって最下位の単独35位となった。

 

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

 2月2日(金)の未明から米国カルフォルニア州において4日間の開催されている米国男子ツアー、「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」も予定では最終日を終えているところであったが、暴風雨に見舞われ、1日順延となっている。

 

 ただ、大きな水たまりが出来たコースの写真が出ていたから、予定通りに行くかどうかは分からない。

 

 予選落ちの無い高額賞金大会で、日本人選手としては世界ランキング54位でエースの松山英樹(31歳、180m、90㎏)が出場しているが、3日目を終えて漸くトータルイーブンまで戻して71位タイと下位に沈んでおり、首位がトータル-17まで伸ばし、最下位がトータル+7まで落としている状況であるから、上位争いに加わるのはちょっと難しいか!?

 

 ともかく、出来るだけ伸ばして、少しでも上がることを期待したい。

 

        松山や下位に低迷冴えないが

        この後奮起期待するかも

 

 なんて書いていたら、どうやら54ホールの短縮競技と決まったようである。

 

 そりゃあんまり延ばしたら、次の日程に響いて来るからね。

 

 と言うわけで、優勝したのは世界ランキング10位のウィンダム・クラーク(米国、30歳、183㎝、79㎏)で、上記のようにトータル-17まで伸ばしていた。

 

 なおこれがこのツアーにおいて通算3勝目となっている。

 

 また高額賞金大会のLIVゴルフも始まっており、今回はメキシコで開催されて世界ランキング66位のホアキン・ニエマン(チリ、183㎝、70㎏)が優勝し、400万ドル、したがって1ドルを約148円とすれば、約5億9200万円を手にした。

 

 日本人選手としては世界ランキング501位の香妻陣一朗(29歳、165㎝、71㎏)が本格参戦しており、38位タイに入って13万5200ドルを得ており、これは約2000万円となった。

AT&Tペブルビーチ・プロアマ(米国男子ツアー)第3日目、松山英樹等の様子・・・R6.2.4②

 2月2日(木)の1時45分頃から時差-17時間の米国・カルフォルニア州にある「①ペブルビーチ・ゴルフリンクス(6972ヤード、パー72)、スパイグラスヒル・ゴルフコース(7041ヤード、パー72)」において米国男子ツアー、「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」が4日間の日程で開催され、その第3日目が終わっている。

 

 或る記事によると賞金総額は2000万ドル、優勝賞金は360万ドルとなっており、1ドルを約148円とすれば、それぞれ約29億6000万円、約5億3300万円となる。

 

 前半2日間でそれぞれ①、②と2つのコースを回り、予選CUTはなく、後半2日間は①のコースにおいて行われると言う。

 

 日本人選手としては世界ランキング54位で自他共に日本のエースと認める松山英樹(31歳、180㎝、90㎏)が引き続き出場している。

 

 先週は調子を上げて後輩達を唸らせるプレーを見せてくれたので、今週も期待したいところである。

 

        松山や米国ツアー連戦で

        調子上昇期待膨らみ

 

 そしてライブ中継であるが、テレビではCS放送の「ゴルフネットワーク」で4日間に亘って予定され、「BS―Japanext」で後半の2日間に亘って予定されており、インターネットでは「U-NEXT」で4日間に亘って配信が予定されている。

 

 さて単独首位に立ったのは世界ランキング10位のウィンダム・クラーク(米国、30歳、183㎝、79㎏)で、3日目2イーグル、9バーディー、1ボギーの-12、トータル-17とコースレコードとなるほど爆発的に伸ばし、22位も上げて来た。

 

 3日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-5からスタートして、前半ではいきなり2イーグル、4バーディーの-8、トータル-13と爆発的に伸ばし、後半に入ってからも5バーディー、1ボギーの-4、トータル-17と確り伸ばしている。

 

        クラークや爆発魅せて首位に立ち

 

        クラークや連日上げて強さ魅せ

 

        クラークや首位まで上げて強さ魅せ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング27位のルードヴィッヒ・アベルグ(ス ウェーデン、24歳、191㎝、86㎏)で、3日目5バーディーの-5、トータル -16と大きく伸ばしながらも1位下がっている。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-11からスタートして、前半では3バーディーの-3、トータル-14と伸ばし、後半に入ってからも2バーディーの-2、トータル-16と順調に伸ばした。

 

        アベルグや伸ばしながらも一位下げ

 

        アベルグや伸ばし足りずに一位下げ

 

        アベルグや二位に止まり力魅せ

 

 単独3位に付けているのは世界ランキング34位で先週このツアーにおいて嬉しい初優勝を決めたマチュー・パボン(フランス、31歳、183㎝、85㎏)で、3日目8バーディー、2ボギーの-6、トータル-15と大きく伸ばして2位上げて来た。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-9からスタートして、前半では5バーディー、2ボギーの-3、トータル-12と伸ばし、後半に入ってからも3バーディーの-3、トータル-15と順調に伸ばしている。

 

        マチューパボン大きく伸ばし上げて魅せ

 

        マチューパボン下がっても上げ力魅せ

 

        マチューパボン三位に戻し力魅せ

 

 4位タイに付けているのは世界ランキング98位のマーク・ハバード(米国、34歳、183㎝、79㎏)、世界ランキング99位のトーマス・デトリー(ベルギー、31歳、188㎝、70㎏)で、トータル-14まで伸ばしている。

 

 マーク・ハバードは3日目8バーディー、1ボギーの-7と爆発的に伸ばして6位上げて来た。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-7からスタートして、前半では4バーディー、1ボギーの-3、トータル-10と伸ばし、後半に入ってからも4バーディーの-4、トータル-14と伸ばしている。

 

        ハバードや爆発魅せて四位付け

 

        ハバードや連日上げて力魅せ

 

        ハバードや四位まで上げ力魅せ

 

 トーマス・デトリーは3日目4バーディー、1ボギーの-3と伸ばしながらも3位下がっている。

 

 3日目はアウトスタートでトータル-11からスタートして、前半では3バーディーの-3、トータル-14と伸ばしたが、後半に入ってからは1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-14と伸ばせなかった。

 

        デトリーや伸ばしながらも三位下げ

 

        デトリーや伸ばし足りずに三位下げ

 

        デトリーや四位止まり力魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング1位のスコッティー・シェフラー(米国、27歳、191㎝、91㎏)は3日目-2、トータル-13と伸ばしながらも、5位下がって6位タイとなっている。

 

 世界ランキング15位のキーガン・ブラッドリー(米国、37歳、191㎝、86㎏)は3日目-3、トータル-11と伸ばしながらも、3位下がって11位タイとなっている。

 

 世界ランキング6位のパトリック・カントレー(米国、31歳、183㎝、86㎏)は3日目-1、トータル-11と少し伸ばしながらも、7位下がって11位タイとなっている。

 

 世界ランキング12位で日系のコリン・モリカワ(米国、25歳、175㎝、73㎏)は3日目-3、トータル-10と伸ばしながらも、4位下がって14位タイとなっている。

 

 世界ランキング18位でインド系のサヒス・ティーガラ(米国、26歳、191㎝、91㎏)は3日目-2、トータル-9と伸ばしながらも、10位下がって20位タイとなっている。

 

 世界ランキング17位で巨漢のセップ・ストレイカオーストリア、30歳、191㎝、107㎏)は3日目-4、トータル-8と伸ばし、8位上げて26位タイに付けて来た。

 

        ストレイカ確り伸ばし上げて魅せ

 

        ストレイカ下がっても上げ強さ魅せ

 

        ストレイカ上位に迫り意地を魅せ

 

 世界ランキング11位のトミー・フリートウッド(イングランド、33歳、180㎝、76㎏)は3日目-4、トータル-7と伸ばし、13位上げて31位タイに付けて来た。

 

        確り伸ばし上げて魅すトミーかな

 

        下っても上げ強さ魅すトミーかな

 

        強さ魅せフリートウッド再浮上

 

 世界ランキング13位のトム・キム(本名トム・ジュヒョン、韓国、22歳、183㎝)は3日目-1、トータル-7と少し伸ばしながらも、13位下がって31位タイとなっている。

     

 世界ランキング14位のジョーダン・スピース(米国、30歳、185㎝、79㎏)は3日目-3、トータル-6と伸ばし、5位上げて39位タイに付けて来た。

 

        スピースや確り伸ばし上げて魅せ

 

        スピースや連日上げて強さ魅せ

 

        スピースや中位から上げ意地を魅せ

 

 世界ランキング20位のトニー・フィナウ(米国、34歳、193㎝、91㎏)は3日目-5、トータル-5と大きく伸ばし、15位上げて47位タイに付けて来た。

 

        トニーフィナウ大きく伸ばし上げて魅せ

 

        トニーフィナウ下がっても上げ強さ魅せ

 

        トニーフィナウ中位まで上げ意地を魅せ

 

 世界ランキング5位で東京オリンピックにおいて金メダルに輝いたザンダー・シャウフェレ(米国、30歳、178㎝、79㎏)は3日目-5、トータル-4と大きく伸ばし、10位上げて54位タイに付けて来た。

 

        シャウフェレや大きく伸ばし上げて魅せ

 

        シャウフェレや下がっても上げ強さ魅せ

 

        シャウフェレや確り上げて強さ魅せ

 

 世界ランキング9位のブライアン・ハーマン(米国、37歳、170㎝、68㎏)は3日目-2、トータル-4と伸ばしながらも、1位下がって54位タイとなっている。

 

 世界ランキング4位のビクトル・ホブラン(ノルウェー、26歳、178㎝、75㎏)は3日目イーブン、トータル-3と伸ばせず、14位下がって58位タイとなっている。

 

 世界ランキング8位のマシュー・フィッツパトリック(イングランド、25歳、178㎝、70㎏、DPワールドツアーで活躍しているアレックス・フィッツパトリックの兄)は3日目+4、トータル-3と落とし、48位も下がって58位タイとなっている。

 

 世界ランキング2位のロリー・マキロイ(北アイルランド、34歳、178㎝、73㎏)は3日目-3、トータル-2と伸ばしながらも、2位下がって66位タイとなっている。

 

 世界ランキング7位のマックス・ホーマ(米国、33歳、185㎝、82㎏)は3日目イーブン、トータル-2と伸ばせず、13位下がって66位タイとなっている。

 

 世界ランキング19位のキャメロン・ヤング(米国、26歳、180㎝、84㎏)は3日目-2、トータル-1と伸ばしながらも、6位下がって単独70位となっている。

 

 そして松山英樹は3日目4バーディー、2ボギーの-2、トータルイーブンと伸ばしながらも、1位下がって71位タイとなっている。

 

 3日目はインスタート(第10ホールから)で、トータル+2からスタートして、前半では2バーディー、1ボギーの-1、トータル+1と少し伸ばし、後半に入ってからも2バーディー、1ボギーの-1、トータルイーブンと少し伸ばした。

 

        松山や伸ばしながらも一位下げ

 

        松山や伸ばし足りずに一位下げ

 

        松山や伸ばし合いには加われず

        最後の意地に期待するかも

バーレーン選手権(DPワールドツアー)第3ラウンド、星野陸也等の様子・・・R6.2.4①

 2月1日(木)の12時半頃から時差-6時間のバーレーンにある「ロイヤル・ゴルフクラブ(7261ヤード、パー72)」においてDPワールドツアー(旧欧州男子ツアー)、「バーレーン選手権」が4日間の日程で開催され、その第2日目に予定されていた第2ラウンド、すなわち予選ラウンドの最終ラウンドが1組を残して終われず、日没サスペンデッドとなっていた。

 

 第3日目は第2ラウンドを終え、更に第3ラウンド、すなわち決勝ラウンドの第1ラウンドが行われた。

 

 既に最終日(最終ラウンド)が進行中であるが、ここでは第3ラウンドの様子に付いて触れておく。

 

 公式サイトによると賞金総額は250万ドルとなっており、1ドルを約148円とすれば、これは約3億7000万円となっている。

 

 日本人選手としては世界ランキング92位で大学生時代にアマチュア世界ランキング1位に長く君臨し、このツアーをステップにして米国男子ツアーへの進出を目指している中島啓太(23歳、178㎝、75㎏)、世界ランキング106位でこのツアーにおいて一定の活躍を見せ始めて、漸く海外ツアーにも馴染んで来た感のある飛ばし屋の星野陸也(27歳、186㎝、80㎏)、世界ランキング284位でこのツアーのシード権を長く保持し、米国男子ツアーメンバーへの転身を目指している旅人ゴルファーの川村昌弘(30歳、172㎝、72㎏)が出場しており、星野陸也が予選を通過している。

 

 全体では第2ラウンド終了時に58位タイまでに入っていた74名の選手が決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 それから川村昌弘に関してはゴルフ、旅情等に付いて綴った人気のコラム、「いま僕はココにいます」が「Vol.182 バーレーン編」に更新されていた。

 

 体調、ゴルフの調子、ゴルフ場、交友関係等に付いて興味深く綴られていた。

 

 さて単独で首位を維持しているのは世界ランキング434位のディラン・フリッテリ(南アフリカ、33歳、188㎝、81㎏)で、第3ラウンド5バーディー、2ボギーの-3、トータル-12と伸ばしている。

 

 第3ラウンドはアウトスタート(第1ホールから)でトータル-9からスタートして、前半では2バーディー、1ボギーの-1、トータル-10と少し伸ばし、後半に入ってからも3バーディー、1ボギーの-2、トータル-12と順調に伸ばした。

 

        フリッテリ確り伸ばし首位を維持

 

        フリッテリ首位を維持して力魅せ

 

        フリッテリ首位を維持して期待させ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング273位のオキー・ストライドム(南アフリカ、39歳、188㎝、90㎏)で、第3ラウンド5バーディー、2ボギーの-3、トータル-10と伸ばして3位上げて来た。

 

 第3ラウンドはアウトスタートで、トータル-7からスタートして、前半では2バーディー、2ボギーのイーブン、トータル-7と維持し、後半に入ってからは加速して3バーディーの-3、トータル-10と伸ばしている。

 

        ストライドム確り伸ばし上げて魅せ

 

        ストライドム下がっても上げ力魅せ

 

        ストライドム二位まで上げて力魅せ

 

 単独3位に付けているのは世界ランキング267位のイエスパー・スベンソン(ス ウェーデン、27歳、191㎝、82㎏)で、第3ラウンド2バーディー、2ボギーのイーブン、トータル-9と伸ばせず、2位下がっている。

 

 第3ラウンドはアウトスタートで、トータル-9からスタートして、前半では1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-9と伸ばせず、後半に入ってからも、1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-9と伸ばせなかった。

 

        スベンソンスコア伸ばせず二位下がり

 

        スベンソンスコア維持して力魅せ

 

        スベンソン三位止まり力魅せ

 

 以下に気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング118位のザンダー・ロンバード(南アフリカ、29歳、181㎝、85㎏)は第3ラウンド-1、トータル-7と少し伸ばし、6位上げて4位タイに付けて来た。

 

        ロンバード少し伸ばして上げて魅せ

 

        ロンバード下がっても上げ力魅せ

 

        ロンバード四位まで上げ力魅せ

 

 世界ランキング526位のジョエル・ギルバッハ(スイス、30歳、180㎝、76㎏)は第3ラウンド+2、トータル-7と落とし、3位下がって4位タイとなっている。

 

 世界ランキング133位のセバスティアン・ソダーバーグ(スウェーデン、33歳、188㎝、84㎏)は第3ラウンド-1、トータル-7と少し伸ばし、2位上げて11位タイに付けて来た。

 

        ソダーバーグ少し伸ばして上げて魅せ

 

        ソダーバーグ決勝で上げ力魅せ

 

        ソダーバーグ上位から上げ力魅せ

 

 世界ランキング138位のグラント・フォレスト(スコットランド、30歳、180㎝、75㎏)は第3ラウンド-2、トータル-4と伸ばし、21位も上げて17位タイに付けて来た。

 

        フォレストやじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        フォレストや連日上げて力魅せ

 

        フォレストや上位まで上げ力魅せ

 

 世界ランキング70位のラスムス・ホイガールト(デンマーク、22歳、187㎝、ニコライ・ホイガールトとツインズ)は第3ラウンドイーブン、トータル-4と維持し、2位上げて17位タイに付けて来た。

 

        ラスムスやスコア維持して上げて魅せ

 

        ラスムスや下がっても上げ強さ魅せ

 

        ラスムスや上位から上げ強さ魅せ

 

 世界ランキング103位のヤニク・パウル(ドイツ、29歳、185㎝、77㎏)、世界ランキング130位のアントワヌ・ロズネル(フランス、30歳、183㎝)は共に第3ラウンド-2、トータル-3と伸ばし、21位も上げて26位タイに付けて来た。

 

        ヤニクパウルじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        ヤニクパウル下がっても上げ力魅せ

 

        ヤニクパウル上位に迫り意地を魅せ

 

        ロズネルやじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        ロズネルや下がっても上げ力魅せ

 

        ロズネルや上位に迫り意地を魅せ

 

 そして星野陸也は第3ラウンド3バーディー、3ボギーのイーブン、トータル-3と維持し、2位上げて26位タイに付けて来た。

 

 第3ラウンドはアウトスタートで、トータル-3からスタートして、前半では2バーディー、1ボギーの-1、トータル-4と少し伸ばしているが、後半に入ってからは1バーディー、2ボギーの+1、トータル-3と少し落とし、この日のスタート時点まで戻っている。

 

        星野陸也スコア維持して上げて魅せ

 

        星野陸也下がっても上げ力魅せ

 

        星野陸也上位に迫り意地を魅せ

 

 世界ランキング128位のロマン・ランガスク(フランス、28歳、178㎝、76㎏)も第3ラウンドイーブン、トータル-3と維持し、2位上げて26位タイに付けて来た。

 

        ランガスクスコア維持して上げて魅せ

 

        ランガスク連日上げて力魅せ

 

        ランガスク上位に迫り意地を魅せ

 

 世界ランキング142位のコナー・サイメ(スコットランド、28歳、178㎝)は第3ラウンド+1、トータル-3と少し落とし、7位下がって26位タイとなっている。

 

 世界ランキング81位のジョーダン・スミス(イングランド、31歳、178㎝、76㎏)は第3ラウンド-1、トータル-1と少し伸ばし、13位上げて45位タイに付けて来た。

 

        ジョーダンや少し伸ばして上げて魅せ

 

        ジョーダンや連日上げて強さ魅せ

 

        ジョーダンや中位から上げ意地を魅せ

 

 そして世界ランキング102位のパブロ・ララサバル(スペイン、40歳、178㎝、75㎏)は第3ラウンド+1、トータル+1と少し落とし、4位下がって62位タイとなっている。

 

 それから第2ラウンド終了時点で中島啓太、世界ランキング129位のカルム・シンクウィン(イングランド、30歳、180㎝、82㎏)は共にトータル+1で75位タイ、世界ランキング120位のアレックス・フィッツパトリック(イングランド、25歳、177㎝、78㎏)はトータル+2で86位タイ、世界ランキング122位のヨースト・ルイテン(オランダ、38歳、178㎝、70㎏)はトータル+5で109位タイ、川村昌弘、世界ランキング112位のエイドリアン・オタエギ(スペイン、31歳、183㎝、79㎏)は共にトータル+6で116位タイ、世界ランキング110位のホルヘ・カンピーヨ(スペイン、37歳、183㎝、79㎏)はトータル+9で123位タイとなり、残念ながらCUTの憂き目に遭っていた。

VIC女子オープン(オーストラリア女子ツアー)第3日目の様子・・・R6.2.3②

 2月1日(木)の早朝から時差+2時間(現在サマータイム中。それ以外の時期では+1時間)のオーストラリア・ビクトリア州にある「13thビーチゴルフリンクス①ビーチコース(5660ヤード、パー72)②クリークコース(5650ヤード、パー72)」においてオーストラリア女子ツアー、「VIC女子オープン」が4日間の日程で開催され、その第3日目、すなわち決勝ラウンド初日が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は42万ドルとなっており、これをオーストラリアドルとすれば1オーストラリアドルは約96.6円なので、約4060万円となる。

 

 同じ場所、同じコースにおいて同時に男子ツアーも開催されているが、今回は男女別に組まれ、男女で距離が違うようである。

 

 日本人選手としては世界ランキング256位ではんなり系で人気の金澤志奈(28歳、164㎝、53㎏)、世界ランキング310位の大出瑞月(26歳、151㎝、48㎏)、世界ランキング538位で黄金世代の工藤優海(24歳、155㎝、55㎏)、世界ランキング539位で遠回りして漸く最終プロテストに合格し、96期生となれた黄金世代の高木優奈(25歳、156㎝、55㎏)、世界ランキング722位で黄金世代、このツアーで頑張って来た杉原彩花(25歳、175㎝)、世界ランキング742位で黄金世代の山路晶(25歳、166㎝)、世界ランキング1015位で黄金世代の深谷琴乃(25歳、163㎝)、世界ランキング1155位でプラチナ世代でこれまで積極的に米国女子ツアー等の海外ツアーに参戦して来た山口すず夏(23歳、160㎝)、世界ランキング1464位で黄金世代の田中瑞樹(25歳、151㎝、50㎏)、新世紀世代の水野円琳(マリン、22歳、160㎝)が出場しており、金澤志奈、大出瑞月、工藤優海、高木優奈、杉原彩花、山路晶、山口すず夏、田中瑞樹の8名が予選を通過している。

 

 なお全体では、前半2日間に亘る予選ラウンド終了時に46位タイまでに入っていた52名の選手が後半2日間に亘る決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

        豪州で女子のツアーも開かれて

        日本の選手大挙活躍

 

 さて首位タイに立ったのは世界ランキング15位でかつて世界ランキング1位まで上り詰め、米国と韓国で賞金女王に輝いたレジェンドの申ジエ(韓国、35歳、155㎝、63㎏)、世界ランキング207位のカリス・デビッドソン(オーストラリア、25歳、172㎝、58㎏)で、トータル-8まで伸ばしている。

 

 申ジエは3日目1イーグル、4バーディー、2ボギーの-4と伸ばして4位上げて来た。

 

 どこのツアーにおいてもこの強さ、流石ではないか!?

 

        申ジエや確り伸ばし上げて魅せ

 

        申ジエや連日上げて強さ魅せ

 

        申ジエや首位まで上げて強さ魅せ

 

 カリス・デビッドソンは3日目5バーディー、3ボギーの-2と伸ばして2位上げて来た。

 

        デビッドソンじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        デビッドソン下がっても上げ強さ魅せ

 

        デビッドソン首位まで戻し強さ魅せ

 

 3位タイに付けているのは世界ランキング296位のジェニファー・チャン(米国、24歳、167㎝)、世界ランキング473位のユン・ミンア(韓国、21歳)で、トータル-7まで伸ばしている。

 

 ジェニファー・チャンは3日目5バーディーの-5と大きく伸ばして6位上げて来た。

 

        ジェニファーチャン大きく伸ばし上げて魅せ

 

        ジェニファーチャン連日上げて強さ魅せ

 

        ジェニファーチャン三位まで上げ強さ魅せ

 

 ユン・ミンアは3日目3バーディー、3ボギーのイーブンと伸ばせず、2位下がっている。

 

        ユンミンアスコア伸ばせず二位下がり

 

        ユンミンア三位止まり力魅せ

 

        ユンミンア三位で通過力魅せ

 

 5位タイに付けているのは世界ランキング768位のチョ・ジョンミン(韓国、29歳、164㎝)、世界ランキング407位のサラ・ジェーン・スミス(オーストラリア、39歳、165㎝)、世界ランキング403位のアシュリー・ラウ(マレーシア、23歳、165㎝、53㎏)、金澤志奈で、トータル-6まで伸ばしている。

 

 チョ・ジョンミンは3日目1イーグル、6バーディー、1ボギーの-7と爆発的に伸ばして11位上げて来た。

 

        チョジョンミン爆発魅せて五位に上げ

 

        チョジョンミン下がっても上げ力魅せ

 

        チョジョンミン五位まで戻し力魅せ

 

 サラ・ジェーン・スミスは3日目6バーディーの-6と大きく伸ばして8位上げて来た。

 

        ジェーンスミス大きく伸ばし上げて魅せ

 

        ジェーンスミス下がっても上げ力魅せ

 

        ジェーンスミス五位まで戻し力魅せ

 

 アシュリー・ラウは3日目7バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの-3と伸ばして2位上げて来た。

 

        アシュリーラウ確り伸ばし上げて魅せ

 

        アシュリーラウ下がっても上げ力魅せ

 

        アシュリーラウ五位まで戻し力魅せ

 

 金澤志奈は3日目5バーディー、2ボギー、1クアドラプルボギー(+4)の+1と少し落として4位下がっている。

 

        金澤志奈少し落として四位下げ

        其れでも四位最後に期待

 

        金澤志奈五位に止まり強さ魅せ

 

        金澤志奈五位で通過し期待させ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング304位のサイ・ペイイン(台湾、32歳、156㎝、56㎏)は3日目-4、トータル-5と伸ばし、2位上げて9位タイに付けて来た。

 

        サイペイイン確り伸ばし上げて魅せ

 

        サイペイイン下がっても上げ力魅せ

 

        サイペイイン九位に戻し力魅せ

 

 世界ランキング377位のカイリー・ヘンリー(スコットランド、37歳、172㎝)は3日目-1、トータル-5と少し伸ばしながらも、4位下がって9位タイとなっている。

 

 世界ランキング469位のタン・シャノン(シンガポール、19歳)は3日目+2、トータル-3と落とし、7位下がって単独11位となっている。

 

 世界ランキング346位のキャシー・ポーター(オーストラリア、21歳)は3日目-4、トータル-2と伸ばし、11位上げて単独12位に付けて来た。

 

        ポーターや確り伸ばし上げて魅せ

 

        ポーターや下がっても上げ力魅せ

 

        ポーターや上位で通過力魅せ

 

 そして工藤優海は3日目-1、トータルイーブンと少し伸ばして17位タイを維持している。

 

        工藤優海少し伸ばして順位維持

 

        工藤優海上位維持して力魅せ

 

        工藤優海上位で通過力魅せ

 

 また杉原彩花は3日目-1、トータル+1と少し伸ばし、3位上げて20位タイに付けて来た。

 

        杉原や少し伸ばして上げて魅せ

 

        杉原や連日上げて力魅せ

 

        杉原や上位で通過力魅せ

 

 また高木優奈は3日目+1、トータル+1と少し落とし、7位下がって20位タイとなっている。

 

 また大出瑞月は3日目-1、トータル+2と少し伸ばし、2位上げて単独27位に付けて来た。

 

        大出や少し伸ばして上げて魅せ

 

        大出や下がっても上げ力魅せ

 

        大出や中位で通過意地を魅せ      

 

 世界ランキング336位で日系のモモカ・コボリ(日本名:小堀桃花、ニュージーランド、24歳、160㎝)は3日目イーブン、トータル+3と維持し、1位上げて28位タイに付けて来た。

 

        モモカコボリスコア維持して上げて魅せ

 

        モモカコボリ下がっても上げ力魅せ

 

        モモカコボリ中位で通過意地を魅せ

 

 世界ランキング401位のスヒョン・オー(オーストラリア、27歳、168㎝)は3日目+2、トータル+3と落とし、12位下がって28位タイとなっている。

 

 なおこの大会ではセカンドCUTが行われ、第3日目(第3ラウンド)を終えて33位タイまでに入っていた35名の選手が最終日(最終ラウンド)へと駒を進めることが出来た。

 

 それから山口すず夏、田中瑞樹は共にトータル+7で41位タイ、山路晶はトータル+10で単独50位となり、残念ながらセカンドCUTの憂き目に遭っている。

 

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

 2月1日(木)の20時40分頃から時差-14時間のパナマにある「クラブ・デ・ゴルフ・デ・パナマ(7534ヤード、パー70)」において米国男子ツアーの下部に当たるコーンフェリーツアー、「ザ・パナマ・チャンピオンシップ」が4日間の日程で開催され、その第2日目が日没サスペンデッドとなり、予定されていた第2ラウンド、すなわち予選ラウンドの最終ラウンドを少し残していたようで、第3日目にそれを終えて、更に第3ラウンドへと進んでいる。

 

 公式サイトによると賞金総額が100万ドルとなり、昨年実績の優勝賞金が18万ドルとなっているから、1ドルを約148円とすれば、それぞれ約1億4800万円、約2660万円となっている。

 

 賞金位加えて得点配分も高いが、その分、たとえば国内男子ツアーよりも難しくなっているように思われる。

 

 日本人選手としては世界ランキング351位で米国男子ツアーのシード権復活を目指している小平智(34歳、172㎝、70㎏)が出場している。

 

 そして第2ラウンド+5、トータル+8と大きく落とし、43位も下がって123位タイとなり、残念ながら予選CUTの憂き目に遭っていた。

 

 なお、全体では前半2ラウンドに亘る予選ラウンド終了時に55位タイまでに入っていた70名の選手が後半2ラウンドに亘る決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

        小平やずんずん落とし予選落ち

        またの機会に期待するかも