sanso114の日記

日々気になったことを気楽に書き留めています。

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント初日の様子・・・R3.9.24④

 今朝から宮城県にある「利府ゴルフ倶楽部(6591ヤード、パー72)」において国内女子ツアー、「ミヤギテレビダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」が3日間の日程で開催され、その初日が終わっている。

 

 賞金総額は7000万円、優勝賞金は1260万円で、2日間の予選ラウンド終了時に60位タイまでに入っている選手が最終日の決勝ラウンドへと駒を進められる予定となっている。

 

 このツアーはまさに我が国で一番輝いているツアーと言っても過言ではなく? 誰を応援するか、結構迷うことがある。

 

 ともかく目を輝かせている選手、落ち込み、立ち直ろうと歯を食いしばっている選手達を応援したい。

 

 昔気質のオヤジ達の真心をくすぐるツアーでもある。

 

        国内の女子のツアーは健気さが

        オヤジ心を擽るのかも

 

 さて、単独首位に立ったのは世界ランキング55位でプラチナ世代をリードするひとり、先週の覇者で明るい笑顔が魅力の西村優菜(21歳、150㎝、50㎏)で、初日6バーディーの-6と大きく伸ばしている。

 

        西村や好調維持し首位に立ち

 

        西村やスタートダッシュ首位に立ち

 

        西村やいきなりトップ期待させ

 

 2位タイに付けているのは世界ランキング27位でプラチナ世代をリードし、海外の試合でも強いところを見せている古江彩佳(21歳、153㎝、54㎏)、世界ランキング115位で黄金世代の優勝が待たれるひとり、身体も含めてまだ伸び盛りの植竹希望(23歳、172㎝、59㎏)、世界ランキング220位でアスリート系実力派中堅の柏原明日架(25歳、171㎝、61㎝)、世界ランキング394位の篠原まりあ(24歳、162㎝、57㎏)で、初日-5と大きく伸ばしている。

 

 初日古江彩佳、植竹希望は6バーディー、1ボギー、柏原明日架は5バーディー、篠原まりあは7バーディー、2ボギーであった。

 

        古江彩佳大きく伸ばし二位に付け

 

        植竹や二位まで上げて強さ魅せ

 

        柏原二位まで上げて力魅せ

 

        篠原やスタートダッシュ二位に付け

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング46位で黄金世代をリードするひとり、全英女子チャンピオンの渋野日向子(22歳、167㎝、62㎏)、世界ランキング96位で黄金世代をリードするひとり、今年復調を見せた大里桃子(23歳、171㎝、60㎏)は初日-4まで伸ばして6位タイに付けている。

 

 世界ランキング51位で昨シーズンの賞金女王、パット巧者の鈴木愛(27歳、155㎝)、世界ランキング74位で実力派外国人選手のひとり、ペ・ソンウ(韓国、27歳、166㎝、59㎏)、世界ランキング93位で黄金世代をリードするひとり、筋力アップして飛ばし屋となっている勝みなみ(23歳、157㎝)は-3まで伸ばして8位タイに付けている。

 

 世界ランキング113位で黄金世代をリードするひとり、国内メジャーに強い原英莉花(22歳、173㎝、58㎏)、世界ランキング127位で復調を見せて今年念願の初優勝を遂げた実力派中堅のひとり、堀琴音(25歳、163㎝、53㎏)は初日-2まで伸ばして16位タイに付けている。

 

 世界ランキング34位で元世界1、韓国と米国で賞金女王となったレジェンドの申ジエ(33歳、155㎝、63㎏)、世界ランキング62位で黄金世代をリードするひとり、休まないことから鉄人と呼ばれる小祝さくら(23歳、158㎝、58㎏)、世界ランキング79位でプラチナ世代をリードするひとり、お洒落に興味があり、コスメ番長と呼ばれる吉田優利(21歳、158㎝、58㎏)、世界ランキング85位で黄金世代の優勝を待たれるひとり、高橋彩華(23歳、162㎝、55㎏)、世界ランキング86位で出産を経験して復帰し、優勝もしている実力派ベテランのひとり、若林舞衣子(33歳、165㎝、60㎏)、世界ランキング97位でアスリート系の実力派中堅のひとり、岡山絵里(25歳、161㎝、64㎏)は初日-1と少し伸ばして25位タイに付けている。

 

 世界ランキング56位で新世紀世代の国内組をリードする山下美夢有(20歳、150㎝、52㎏)、世界ランキング78位で実力派ベテランをリードする上田桃子(35歳、161㎝、54㎏)、世界ランキング120位で海外での試合にも強いところを見せる実力派中堅のひとり、比嘉真美子(27歳、161㎝、58㎏)は初日イーブンで38位タイと少し出遅れている。

 

 世界ランキング117位で疑問が生じればベテランだけではなく、若手にでも謙虚に質問する実力派ベテランの菊地絵理香(33歳、157㎝、52㎏)は初日+3と落として79位タイと出遅れている。

 

 そして世界ランキング79位で新世紀世代の優勝が待たれるひとり、西郷真央(19歳、158㎝、57㎏)は初日+4と落として88位タイと出遅れている。

中国新聞ちゅーピーレディースカップ第2日目の様子・・・R3.9.24③

 木曜日の朝から広島県にある「芸南カントリークラブ(6530ヤード、パー72)」において国内女子ツアーの下部に当たるステップアップツアー、「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」が3日間の日程で開催され、その第2日目、すなわち予選ラウンド最終日が終わっている。

 

 賞金総額は2000万円、優勝賞金は360万円で、2日間の予選ラウンド終了時に50位タイまでに入っている選手が最終日の決勝ラウンドに駒を進められる予定となっている。

 

 ここには既に2人共優勝している双子の新人、岩井明愛・千怜姉妹他、結構有望で輝きを放ち始めている若手選手が増えている。

 

 特にこの頃はプロテストが厳しくなっているようで、そこを勝ち抜いて来た新人達はこの大会でも活躍が目立つ。

 

 春にはレギュラーツアーに上がり、寂しくなったかと思えば、また新たな星が輝き始める。

 

 国内女子ツアーはまさにそんなところてん状態が続いている気がするなあ。

 

        ステップを抜けては入る国内の

        女子の輝き眩しいのかも

 

 さて、単独首位に立ったのは世界ランキング362位の竹山佳林(25歳、170㎝、68㎏)で、2日目5バーディーの-5、トータル-8と伸ばし、4位上げて来た。

 

 既にレギュラーツアーでも存在感を示している選手であるから、当然の伸ばし様とも言える!?

 

 この後にも注目したい。

 

        竹山や大きく伸ばし首位に立ち

 

        竹山や大きく伸ばし首位奪い

 

        竹山や首位を奪って強さ魅せ

 

 単独で2位を維持しているのは世界ランキング380位で谷間世代の石川怜奈(21歳、168㎝)で、2日目5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの-1、トータル-6と少し伸ばしている。

 

 いきなり第1ホールでダブルボギーを叩いた時はどうなることかと思ったが、その後盛り返し、2位を維持している。

 

 彼女もレギュラーツアーで既に存在感を示しているだけある!?

 

        石川怜奈少し伸ばして二位を維持

 

        石川怜奈二位を維持して強さ魅せ

 

 単独3位に付けているのは世界ランキング1187位の坂下莉翔子(リカコ、27歳、159㎝、55㎏)で、2日目5バーディー、1ボギーの-4、トータル-5と伸ばし、12位上げて来た。

 

        坂下や確り伸ばし三位付け

 

        坂下や三位まで上げ力魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング315位で新人の岩井明愛(アキエ、19歳、161㎝、59㎏、双子の姉)は2日目-4、トータル-4と伸ばし、23位も上げて4位タイに付けて来た。

 

 おっ、これは面白くなって来たか!?

 

        岩井明愛確り伸ばし四位付け

 

        岩井明愛四位に上げて強さ魅せ

 

        岩井明愛四位に上げて期待させ

 

 世界ランキング367位のヌック・スカパン(タイ、24歳、172㎝、67㎏)は2日目-3、トータル-4と伸ばし、11位上げて4位タイに付けて来た。

 

        スカパンや確り伸ばし上げて魅せ

 

        スカパンや確り上げて強さ魅せ

 

 世界ランキング520位の但馬友(23歳、156㎝、60㎏)は2日目-1、トータル-4と少し伸ばし、1位上げて4位タイに付けて来た。

 

        但馬友少し伸ばして上げて魅せ

 

        但馬友四位に上げて力魅せ

 

 世界ランキング500位の鈴木麻綾(26歳、159㎝)は2日目+1、トータル-4と少し落とし、2位下がって4位タイとなっている。 

 

 世界ランキング221位で実力派外国人選手のひとり、新人で賞金女王レースのトップに立っているリ・ハナ(韓国、20歳、156㎝、52㎏)、世界ランキング349位で賞金女王レースの2位に付けている小野祐夢(24歳、161㎝、54㎏)は2日目-1、トータル-3と少し伸ばしながらも、1位下がって9位タイとなっている。

 

 世界ランキング697位でプラチナ世代の新人、阿部未悠(20歳、155㎝)は2日目+4、トータル-3と落とし、8位下がって9位タイとなっている。

 

 世界ランキング593位でプラチナ世代の新人、後藤未有(20歳、157㎝、58㎏)は2日目イーブン、トータル-2と伸ばせず、6位下がって14位タイとなっている。

 

 世界ランキング449位の岩橋里衣(35歳、156㎝、53㎏)は2日目-3、トータル-1と伸ばし、36位も上げて16位タイに付けて来た。

 

        岩橋里衣確り伸ばし上げて魅せ

 

        岩橋里衣大きく上げて強さ魅せ

 

 世界ランキング634位で新人の岩井千怜(チサト、19歳、162㎝、59㎏、双子の妹)は2日目-2、トータル-1と伸ばし、22位も上げて16位タイに付けて来た。

 

 お姉さんほどでは無いにしても、流石ではないか!?

 

        岩井千怜大きく上げて力魅せ

 

        岩井千怜大きく上げて期待させ

 

 世界ランキング533位の藤田光里(26歳、165㎝、54㎏)は2日目-1、トータル-1と少し伸ばし、11位上げて16位タイに付けて来た。

 

        藤田光里少し伸ばして上げて魅せ

 

        藤田光里確り上げて力魅せ

 

 世界ランキング502位のスタイヤーノ梨々菜(24歳、156㎝、56㎏)は2日目-2、トータルイーブンと伸ばし、29位も上げて23位タイに付けて来た。

 

        スタイヤーノ大きく上げて力魅せ

 

        スタイヤーノ大きく上げて期待させ

 

 世界ランキング458位でイップスから復調した服部真夕(33歳、166㎝、57㎏)、世界ランキング46位の常(ツネ)文恵(22歳、170㎝、52㎏)は2日目+1、トータルイーブンと少し落とし、8位下がって23位タイとなっている。

 

 世界ランキング752位で新人の桑木志帆(18歳、164㎝、57㎏)は2日目-2、トータル+1と伸ばし、36位も上げて28位タイに付けて来た。

 

        桑木志帆大きく上げて力魅せ

 

        桑木志帆大きく上げて期待させ

 

 世界ランキング545位の保坂真由(25歳、162㎝、57㎏)は2日目+1、トータル+1と少し落とし、1位下がって28位タイとなっている。

 

 世界ランキング531位の村田理沙(26歳、161㎝、52㎏)は2日目+2、トータル+1と落とし、13位下がって28位タイとなっている。

 

 世界ランキング410位の西山ゆかり(39歳、162㎝、58㎏)は2日目-2、トータル+3と伸ばし、43位も上げて41位タイに付けて来て、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        西山や大きく上げて強さ魅せ

 

        西山や何とか通過力魅せ 

 

 そして、世界ランキング427位の吉田弓美子(34歳、164㎝、65㎏)は2日目イーブン、トータル+3と維持し、23位も上げて41位タイに付けて来た。

 

        吉田弓美子スコア維持して上げて魅せ

 

        吉田弓美子大きく上げて強さ魅せ

 

 それから世界ランキング422位の小橋絵利子(33歳、160㎝、55㎏)、世界ランキング423位の川満陽香理(34歳、164㎝、57㎏)はトータル+5で61位タイ、世界ランキング515位でプラチナ世代の澁澤莉絵留(20歳、160㎝、60㎏)はトータル+6で69位タイとなって、残念ながらCUTの憂き目に遭っている。

ISPS HANDAヒーローになれ! チャレンジトーナメント最終日、久常涼おめでとう!・・・R3.9.24②

 水曜日朝から栃木県にある「アロエースゴルフクラブ(7071ヤード、パー71)」において国内男子ツアーの下部に当たるAbemaTVツアー、「ISPS HANDA ヒーロになれ! チャレンジトーナメント」が3日間の日程で開催され、その最終日が感動の内に終わった。

 

 優勝賞金は2300万円、優勝賞金は360万円で、2日間の予選ラウンド終了時に58位タイまでに入った73名の選手が最終日の決勝ラウンドに駒を進めることが出来た。

 

 今日も朝からインターネットでAbemaTVツアーのライブ中継やCS放送のスカイAでステップアップツアーのライブ中継をのんびり楽しませて貰った。

 

 今は国内男子ツアーのライブ中継もインターネットで配信されているが、上記の2つのツアーにはフレッシュな魅力があり、それで十分だったので、今漸く国内男子ツアーのライブ中継を掛けた。

 

 さて、単独首位を奪われながら、最終的には逆転して維持し、みごと優勝したのは久常涼(19歳、175㎝、75㎏)で、最終日1イーグル、5バーディー、1ボギーの-6、トータル-18と大きく伸ばした。

 

 最終日に付いてもう少し詳しく見ておくと、アウトスタート(第1ホールから)で、トータル-12から出て、前半では第2ホールでバーディーを決めたが、続く第2ホールでボギーを叩き、続く2ホールをパーで凌いだ後、第6ホールでバーディーを決め、残りの3ホールをパーで凌いだので、結局1打伸ばし、トータル-13で後半へと駒を進めている。

 

 ただ、伸ばし方がゆっくりなので、この時点で既に単独首位から陥落していた。

 

 そして後半に入っていきなり第10ホールでバーディーを決め、続く3ホールをパーで凌いだ後、第14、15ホールと連続でバーディーを決め、この時点で更に3打伸ばしているから、トータル-16となり、第17ホールはパーで凌いだので、第18ホールでバーディーを決めればプレーオフに持ち込める状況となった。

 

 有観客で皆が固唾を飲んで見守るその第18ホールで何とチップインイーグル!

 

 逆転優勝であるから、これはもう何か持っていると言いたくなる!?

 

 なお、これでAbemaTVツアー3勝目で、何と出場した試合が8試合目と言うから、余計に驚かされる。

 

        久常涼逆転されて追い上げて

        最後の最後勝ち切るのかも

 

        久常涼抜かれて抜いて勝って魅せ

 

        久常涼逆転勝ちで強さ魅せ

 

 2位タイに入ったのは世界ランキング1364位でホストプロの鍋谷太一(25歳、177㎝、72㎏)、世界ランキング1067位の大西魁斗(22歳、177㎝、70㎏)で、トータル-17まで伸ばした。

 

 鍋谷太一は最終日9バーディーの-9と爆発的に伸ばし、9位上げて来た。

 

 最終日に付いてもう少し詳しく見ておくと、久常涼より4組前のアウトスタートで、トータル-8から出て、前半では4ホールをパーで凌いだ後、第5、6ホールと連続でバーディーを決め、1つ空いて第8、9ホールと連続でバーディーを決めたから、トータル-12まで伸ばし、優勝戦線に躍り出して後半へと繋いでいる。

 

 後半に入っても勢いは続き、いきなり第10、11ホールと連続でバーディーを決めて、続く3ホールをパーで凌いだ後、第15、16ホールと連続でバーディーを決め、1つ空いて第18ホールでもバーディーを決めたから、後半だけでも5打伸ばし、トータル-17まで伸ばしてホールアウトした。

 

 要するに後は単独トップで待つ身になったわけだが、まさか最後の最後にあんな逆転劇が起こるとは!?

 

 と言う気分なのかも知れない。

 

        鍋谷や最後爆発二位となり

 

        鍋谷や二位まで上げて力魅せ

 

        鍋谷や抜いて抜かれて二位となり

        悔しさ残る結果なのかも

 

 大西魁斗は最終日7バーディー、1ボギーの-6と大きく伸ばし、2位を維持した。

 

 前半で4バーディー、1ボギーの-3と伸ばしているから、優勝戦線に残り、後半でも3バーディーの-3と伸ばし、久常涼の逆転劇が無ければプレーオフに掛けられるところであった。

 

        大西や大きく伸ばし二位となり

 

        大西や二位に入って力魅せ

 

        大西や悔しさ残る二位となり

 

 4位タイに入ったのは世界ランキング1185位の海老根文博(46歳、177㎝、75㎏)、世界ランキング1845位の新田哲大(アキヒロ、30歳、172㎝、72㎏)で、共に最終日-4、トータル-15まで伸ばしながらも2位下がった。

 

 最終日、海老根文博は6バーディー、2ボギー、新田哲大は4バーディーであった。

 

        足らなくて四位となった海老根かな

 

        後一歩四位に下がる新田かな

 

 なお、世界ランキング1845位は今週の最下位となっている。

 

 そこには例によって凄い数の選手が犇めいており、世界ランキングを特定するのに初日は3時間、第2日目は1時間半と、結構な時間、殆んど寝そうになりながら下方にスクロールして行った。

 

 男子の他のツアーや女子のツアーではそこまでではないから、このツアーはまだまだこれからと言うことであろうか!?

 

 ただ、久常涼は世界ランキングから見ても、もうレギュラーツアーの選手ではないかと思わせるレベルになって来ており、事実これで出場権を得たようである。

 

 レギュラーツアーでの活躍を期待したい。

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング1009位の桂川有人(22歳、167㎝、70㎏)は最終日-4、トータル-13と伸ばし、2位上げて6位タイに入った。

 

         桂川続けて伸ばし六位入り

 

         桂川六位に上げて力魅せ

 

 世界ランキング1176位の嘉数光倫(テルミチ、31歳、168㎝、72㎏)、世界ランキング1213位の坂本雄介(23歳、174㎝、74㎏)は最終日-4、トータル-12と伸ばし、11位タイを維持した。

 

        力魅せ順位維持した嘉数かな

 

        坂本や確り伸ばし順位維持

 

 世界ランキング1122位の永澤翔(26歳、180㎝、95㎏)は最終日-4、トータル-11と伸ばし、4位上げて14位タイに入った。

 

        永澤翔確り伸ばし上げて魅せ

 

        永澤翔連日上げて力魅せ

 

 

 世界ランキング1845位の半田匠佳(タクヨシ、26歳、177㎝、83㎏)は最終日イーブン、トータル-11と伸ばせず、12位下がって14位タイとなった。

 

 世界ランキング747位で賞金王レースの2位に付けている佐藤大地(25歳、169㎝、72㎏)、世界ランキング922位の小袋秀人(30歳、183㎝、82㎏)は最終日-3、トータル-10と伸ばしながらも、2位下がって20位タイとなった。

 

 世界ランキング881位の勝俣陵(25歳、174㎝、73㎏)は最終日-6、トータル-9と大きく伸ばし、29位も上げて29位タイに入った。

 

        勝俣陵下がっても上げ強さ魅せ

 

        勝俣陵最後は上げて強さ魅せ      

 

 世界ランキング1183位の勝亦悠斗(27歳、163㎝、69㎏)は最終日-1、トータル-6と少し伸ばしながらも、14位下がって48位タイとなった。

 

 そして、世界ランキング1006位の吉田泰基(23歳、173㎝、75㎏)は最終日イーブン、トータル-5と伸ばせず、21位も下がって55位タイとなった。

昨日のTリーグ女子の様子・・・R3.9.24①

 昨日の17時過ぎから東京都にある「アリーナ立川立飛」において、173名の観客を集めてTリーグ女子の試合が行われた。

 

 3位の木下アビエル神奈川が最下位5位のトップおとめピンポンズ名古屋と対戦して3-2で競り勝っている。

 

 第1マッチのダブルスでは三村優果(21歳、156㎝)と大学生の木村香純(21歳、160㎝)のペアが大学生の岡田琴菜(19歳、162㎝)と同窓の大学生の大川真実(18歳、158㎝)のペアと対戦して、9-11、9-11の0-2で負けている。

 

 トップおとめピンポンズ名古屋のペアは共に愛知工業大学の現役大学生で、それ故気が合うのかも知れない。

 

        同窓の大学ペアは気が合って

        競り合い一歩抜け出るのかも

 

 また、第2マッチのシングルスでは世界ランキング51位でスーパー高校生の木原美悠(17歳、164㎝)が鈴木李茄(26歳、160㎝)と対戦して、11-7、11-10、11-10の3-0で勝っている。

 

 木原美悠は既に世界を舞台に戦い、石川佳純のいない現時点ではエースであるから、期待通りの活躍か!?

 

        木原美悠期待通りに勝って魅せ

 

 また、第3マッチのシングルスではスーパー中学生の張本美和(13歳、164㎝、張本智和の妹)が世界ランキング20位のベテラン外国人エースのハン・イン(中国出身でドイツ国籍、38歳、170㎝)と対戦して、11-10、11-6、11-8の3-0で勝っている。

 

 これは凄い!?

 

 張本美和は身長、実力共に伸び盛りで、これから何処まで伸びるのか、楽しみでならない!?

 

        張本美和ハンイン相手完封し

        まだ成長を期待するかも

 

 また、第4マッチのシングルスでは木村香純が大川真実と対戦して、11-5、7-11、9-11、6-11の1-3で負けている。

 

 先シーズン木村香純はいきなり早田ひなを破る等で驚かせたが、今シーズンは大学生相手に結構負けている印象である。

 

 先シーズンにフロックな部分が大きかったのか?

 

 それとも、先シーズンは大学での大会でも好調であったから、今シーズンまだ調子が出ていないだけなのか?

 

        木村香純今シーズンは負け続け

        今一調子上がらないかも

 

 そして第5マッチ、すなわちビクトリーマッチのシングルスでは木原美悠がハン・インと対戦して、12-10の1-0で競り勝ち、勝負を決めている。

 

 この辺りは流石であるし、その木原美悠の惜敗したハン・インを3-0で負かした張本美和に改めて感心させられる!?

 

        木原美悠チームを背負い勝って魅せ

パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ初日の様子・・・R3.9.23③

 今朝から京都府にある「城陽カントリ俱楽部(6967ヤード、パー72)」において国内男子ツアー、「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」が4日間の日程で開催され、その初日が終わっている。

 

 賞金総額は1億円、優勝賞金は2000万円となっている。

 

 ここには海外を主戦場としている松山英樹、川村昌弘等以外の有望な選手は大体出ており、スターはまあ目白押しのはずなのであるが、そう考えて頭に浮かんで来るのはまだ数名である。

 

 それに、あんまり胸が弾まないので、これがもう少しワクワクして来ることを期待したい。

 

        国内の男子ツアーはまだ地味で

        ワクワク感が足りないのかも

 

 さて、単独首位に立ったのは世界ランキング94位で海外進出に夢を馳せる木下稜介(30歳、174㎝、75㎏)で、初日7バーディーの-7と爆発的に伸ばしている。

 

        木下やスタートダッシュ首位に立ち

 

        木下や爆発力で首位に立ち

 

        木下や単独首位で強さ魅せ

 

 2位タイに付けているのは世界ランキング731位の小林伸太郎(35歳、177㎝、87㎏)、世界ランキング842位でアマチュアの河本力(21歳、183㎝、85㎏、黄金世代の河本結の弟)で、初日-6と大きく伸ばしている。

 

 小林伸太郎は6バーディー、河本力は2イーグル、3バーディー、1ボギーであった。

 

        小林や大きく伸ばし二位に付け

 

        小林やスタートダッシュ二位に付け

 

        河本力大きく伸ばし二位に付け

 

        河本力いきなりダッシュ二位に付け

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング123位でこのところ好調を維持している実力派外国人選手のひとり、スコット・ビンセント(ジンバブエ、29歳、178㎝、68㎏)、世界ランキング143位で欧州ツアーでも活躍している実力派外国人選手のひとり、ショーン・ノリス(南アフリカ、39歳、188㎝、100㎏)、世界ランキング273位の若手有望選手、大岩龍一(23歳、182㎝、92㎏)は初日-5と大きく伸ばし、4位タイに付けている。

 

 世界ランキング275位の香妻陣一朗(27歳、165㎝、71㎏)は初日-4まで伸ばして13位タイに付けている。

 

 世界ランキング95位で国内を制して海外に進出しようとしている飛ばし屋の星野陸也(25歳、186㎝、76㎏)、世界ランキング181位の比嘉一貴(26歳、158㎝、70㎏)、世界ランキング286位の堀川未来夢(ミクム、28歳、176㎝、84㎏)、世界ランキング343位の上井邦裕(38歳、180㎝、78㎏)、世界ランキング379位でスーパーアマチュアの中島啓太(21歳、177㎝、75㎏)は初日-3まで伸ばして24位タイに付けている。

 

 世界ランキング119位で飛びっきり飛ばし屋の実力派外国人選手のひとり、チャン・キム(米国、31歳、188㎝、105㎏)、は初日-2まで伸ばして35位タイに付けている。

 

 世界ランキング127位の大槻智春(31歳、172㎝、94㎏)、世界ランキング144位でこのところマッチョ化を騒がれ、また米国進出に挑戦しようとしている石川遼(30歳、175㎝、70㎏)、世界ランキング148位で曲がらないのが売りの稲森佑貴(26歳、169㎝、68㎏)、世界ランキング373位で欧州男子ツアーへの復帰を目指しているベテランの谷原秀人(42歳、178㎝、80㎏)は初日-1と少し伸ばしながらも、48位タイと少し出遅れている。

 

 世界ランキング320位で大学生プロの石坂友宏(22歳、173㎝、75㎏)は初日イーブンで65位タイと出遅れている。

 

 世界ランキング115位で昨シーズンの賞金王、今平周吾(28歳、165㎝、67㎏)、世界ランキング257位で実力派ベテラン選手のひとり、優しさと明るさ、そして爽やかさを感じさせ、女性からの人気も高い宮本勝昌(49歳、174㎝、76㎝)、世界ランキング291位でイケメンと言われ、女性人気の高い片岡尚之(23歳、171㎝、67㎏)は初日+1と少し落として82位タイと出遅れている。

 

 世界ランキング200位で選手会長のゲンさんこと時松隆光(28歳、168㎝、75㎏)、世界ランキング321位の池田勇太(35歳、177㎝、85㎏)は初日+2と落として92位タイと出遅れている。

 

 そて、世界ランキング207位で米国男子ツアーへの復帰を目指すベテラン、岩田寛(40歳、177㎝、74㎏)は初日+3と落として103位タイと大きく出遅れている。

中国新聞ちゅーピーレディースカップ初日の様子・・・R3.9.23②

 今朝から広島県にある「芸南カントリークラブ(6530ヤード、パー72)」において、国内女子ツアーの下部に当たるステップアップツアー、「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」が3日間の日程で開催され、その初日が終わっている。

 

 賞金総額は2000万円、優勝賞金は360万円で、2日間の予選ラウンド終了時に50位タイまでに入っている選手が最終日の決勝ラウンドに駒を進められる予定となっている。

 

 ここには既に2人共優勝している双子の新人、岩井明愛・千怜姉妹他、結構有望で輝きを放ち始めている若手選手が増えている。

 

 特にこの頃はプロテストが厳しくなっているようで、そこを勝ち抜いて来た新人達はこの大会でも活躍は目立つ。

 

 春にはレギュラーツアーに上がり、寂しくなったかと思えば、また新たな星が輝き始める。

 

 国内女子ツアーはまさにそんなところてん状態が続いている気がするなあ。

 

        ステップを抜けては入る国内の

        女子の輝き眩しいのかも

 

 さて、単独首位に立っているのは世界ランキング697位でプラチナ世代の新人、阿部未悠(20歳、155㎝)で、初日7バーディーの-7と爆発的に伸ばしている。

 

        阿部未悠スタートダッシュ首位に立ち

 

        阿部未悠爆発魅せて首位に立ち

 

 2位タイに付けているのは世界ランキング380位で谷間世代の石川怜奈(21歳、168㎝)、世界ランキング500位の鈴木麻綾(26歳、159㎝)、世界ランキング575位の小川陽子(32歳、161㎝、57㎏)で、初日-5と大きく伸ばしている。

 

 初日石川怜奈、鈴木麻綾は6バーディー、1ボギーで、小川陽子は8バーディー、3ボギーであった。

 

        石川や大きく伸ばし二位に付け

 

        鈴木麻綾二位まで上げて力魅せ

 

        小川陽子スタートダッシュ二位に付け

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング362位の竹山佳林(25歳、170㎝、68㎏)、世界ランキング520位の但馬友(23歳、156㎝、60㎏)は初日-3まで伸ばして5位タイに付けている。

 

 世界ランキング221位で実力派外国人選手の新人、賞金女王レースのトップを走るリ・ハナ(韓国、20歳、156㎝、52㎏)、世界ランキング349位の小野祐夢(24歳、161㎝、54㎏)、世界ランキング593位でプラチナ世代の新人、後藤未有(20歳、157㎝、58㎏)は-2まで伸ばして8位タイに付けている。

 

 世界ランキング367位のヌック・スカパン(タイ、24歳、172㎝、67㎏)、世界ランキング458位でイップスから復調した服部真夕(33歳、166㎝、57㎏)、世界ランキング46位の常(ツネ)文恵(22歳、170㎝、52㎏)、世界ランキング531位の村田理沙(26歳、161㎝、52㎏)は初日-1と少し伸ばして15位タイに付けている。

 

 世界ランキング315位で新人の岩井明愛(アキエ、19歳、161㎝、59㎏、双子の姉)、世界ランキング533位の藤田光里(26歳、165㎝、54㎏)、世界ランキング545位の保坂真由(25歳、162㎝、57㎏)は初日イーブンで27位タイに付けている。

 

 世界ランキング634位で新人の岩井千怜(チサト、19歳、162㎝、59㎏、双子の妹)は初日+1と少し落とし、38位タイと少し出遅れている。

 

 世界ランキング449位の岩橋里衣(35歳、156㎝、53㎏)、世界ランキング515位でプラチナ世代の澁澤莉絵留(20歳、160㎝、60㎏)は初日+2と落として52位タイと出遅れている。

 

 世界ランキング422位の小橋絵利子(33歳、160㎝、55㎏)、世界ランキング423位の川満陽香理(34歳、164㎝、57㎏)、世界ランキング427位の吉田弓美子(34歳、164㎝、65㎏)、世界ランキング752位で新人の桑木志帆(18歳、164㎝、57㎏)は初日+3と落として64位タイと出遅れている。

 

 そして、世界ランキング410位の西山ゆかり(39歳、162㎝、58㎏)は初日+5と大きく落とし、84位タイと出遅れている。

 

 

 

ISPS HANDAヒーローになれ! チャレンジトーナメント第2日目の様子・・・R3.9.23①

 水曜日朝から栃木県にある「アロエースゴルフクラブ(7071ヤード、パー71)」において国内男子ツアーの下部に当たるAbemaTVツアー、「ISPS HANDA ヒーロになれ! チャレンジトーナメント」が3日間の日程で開催され、その第2日目、すなわち予選ラウンド最終日が終わっている。

 

 優勝賞金は2300万円、優勝賞金は360万円の予定となっている。

 

 今日はインターネットでAbemaTVツアーのライブ中継やCS放送のスカイAでステップアップツアーのライブ中継を楽しむことが出来た。

 

 確か国内男子ツアーのライブ中継もインターネット等で始まっているはずであるが、上記の2つのツアーにはフレッシュな魅力があり、今日はそれで十分であった。

 

 今日はインタビューでも世界ランキング455位で新鋭の久常涼(19歳、175㎝、75㎏)他数名が取り上げられ、何れもまだ学生っぽさを残し、新鮮な魅力があった。

 

 その中でも久常涼は黄金世代をリードするひとりで全英女子チャンピオンの渋野日向子と同じ岡山県の作陽高校を出て、AbemaTVツアーで既に2勝して、賞金王レースのトップを走っている。

 

 高校を卒業してそんなに経っていないが、映像で観た感じ、松山英樹を少し小柄にした風情がある。

 

 要するに、スマートではないが、タフそうな感じが既に漂っている。

 

 もしかしたらレギュラーツアーに顔を出すのもそう遠いことではないのかも知れない。

 

        久常涼既に注目され始め

        もうレギュラーで観たくなるかも

 

 さて、単独首位に立ったのは上の久常涼で、2日目7バーディー、1ボギーの-6、トータル-12と大きく伸ばし、1位上げて来た。

 

        久常涼大きく伸ばし首位に立ち

 

        久常涼大きく伸ばし首位奪い

 

        久常涼首位を奪って強さ魅せ

 

 2位タイに付けているのは世界ランキング1845位の半田匠佳(タクヨシ、26歳、177㎝、83㎏)、世界ランキング1067位の大西魁斗(22歳、177㎝、70㎏)、世界ランキング1185位の海老根文博(46歳、177㎝、75㎏)、世界ランキング1845位の新田哲大(アキヒロ、30歳、172㎝、72㎏)で、トータル-11まで伸ばしている。

 

 半田匠佳は2日目1イーグル、6バーディーの-8と爆発的に伸ばし、23位も上げて来た。

 

        爆発し二位まで上げた半田かな

 

        二位に上げ力を魅せた半田かな

 

 大西魁斗は2日目7バーディー、1ボギーの-6と大きく伸ばし、8位上げて来た。

 

        大西や大きく伸ばし二位に上げ

 

        大西や二位まで上げて力魅せ

 

 新田哲大は2日目7バーディー、2ボギー、海老根文博は2日目6バーディー、1ボギーで、共に-5と大きく伸ばし、2位タイを維持している。

 

        二位を維持力を魅せた新田かな

 

        力魅せ二位を維持した海老根かな

 

 なお、世界ランキング1845位は今週の最下位となっている。

 

 そこには例によって凄い数の選手が犇めいており、今日もここまでの選手の世界ランキングを特定するのに、殆んど寝そうになりながら下方にスクロールし、まだ1時間以上掛かった。

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング1009位の桂川有人(22歳、167㎝、70㎏)は2日目-6、トータル-9と大きく伸ばし、17位上げて8位タイに付けて来た。

 

         桂川大きく伸ばし八位付け

 

         桂川八位に上げて力魅せ

 

 世界ランキング1176位の嘉数光倫(テルミチ、31歳、168㎝、72㎏)は2日目-2、トータル-8と伸ばしながらも、9位下がって11位タイとなっている。

 

 世界ランキング1213位の坂本雄介(23歳、174㎝、74㎏)は2日目-1、トータル-8と少し伸ばしながらも、10位下がって11位タイとなっている。

 

 世界ランキング1122位の永澤翔(26歳、180㎝、95㎏)は2日目-5、トータル-7と大きく伸ばし、24位も上げて18位タイに付けて来た。

 

        永澤翔大きく伸ばし上げて魅せ

 

        永澤翔大きく上げて力魅せ

 

 世界ランキング922位の小袋秀人(30歳、183㎝、82㎏)は2日目-4、トータル-7と伸ばし、7位上げて18位タイに付けて来た。

 

        小袋や確り伸ばし上げて魅せ

 

        小袋や確り上げて強さ魅せ 

 

 世界ランキング747位で賞金王レースの2位に付けている佐藤大地(25歳、169㎝、72㎏)は2日目-1、トータル-7と少し伸ばしながらも、16位下がって18位タイとなっている。

 

 世界ランキング1183位の勝亦悠斗(27歳、163㎝、69㎏)は2日目-2、トータル-5と伸ばしながらも、9位下がって34位タイとなっている。

 

 世界ランキング1006位の吉田泰基(23歳、173㎝、75㎏)は2日目+1、トータル-5と少し落とし、32位も下がって34位タイとなっている。

 

 世界ランキング881位の勝俣陵(25歳、174㎝、73㎏)は2日目-1、トータル-3と少し伸ばしながらも、16位下がって58位タイとなり、ぎりぎりで予選を通過している。

 

 それから、世界ランキング807位の園田峻輔(31歳、177㎝、88㎏)はトータル-2で74位タイ、世界ランキング954位の岩﨑亜久竜(アグリ、23歳、181㎝、80㎏)はトータル-1で81位タイ、世界ランキング939位の川満歩(36歳、158㎝、64㎏)はトータルイーブンで95位タイ、世界ランキング872位の成富晃広(アキヒロ、26歳、171㎝、75㎏)、世界ランキング901位の伊藤慎吾(29歳、177㎝、85㎏)はトータル+1で102位タイとなり、残念ながらCUTの憂き目に遭っている。