sanso114の日記

日々気になったことを気楽に書き留めています。

LPGAドライブオン選手権第2日目、畑岡、古江、西郷、稲見、勝等の様子・・・R6.1.27①

 1月25日(木)の21時25分頃から時差-14時間の米国・フロリダ州にある「ブラデントン・カントリークラブ(6557ヤード、パー71)」において米国女子ツアー、「LPGAドライブオン選手権」が4日間の日程で開催され、その第2日目、すなわち予選ラウンド最終日が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は175万ドルとなっており、1ドルを約148円とすれば、これは約2億5900万円となっている。

 

 国内女子ツアーと比較すれば、これでも安い方ではないが、或るニュースによれば昨季のこのツアーにおける賞金総額が1億1800万ドル以上、175億円となり、昨季は4試合であった賞金総額300万ドル以上、約4億4400万円以上の試合が今季は16試合に増えるらしいから、この大会はむしろ安い部類に入るわけか!?

 

 それはまあともかく、日本人選手としては世界ランキング17位で黄金世代を代表し、自他ともに日本のエースと認める畑岡奈紗(25歳、158㎝)、世界ランキング24位でプラチナ世代を代表し、安定したプレイが売りの古江彩佳(23歳、153㎝、54㎏)、世界ランキング46位で新世紀世代をリードするひとり、長い低迷から漸く復調して来て今季からこのツアーに主戦場を移した西郷(せご)どんこと西郷真央(22歳、158㎝、57㎏)、世界ランキング74位で狭間世代を代表し、東京五輪の銀メダリストで今季からこのツアーに主戦場を移した稲見萌寧(24歳、166㎝、58㎏)、世界ランキング83位で黄金世代をリードするひとり、激しいウエイト・トレーニングによって世代屈指の飛ばし屋に変身した勝みなみ(25歳、157㎝、57㎏)が出場している。

 

 なおライブ中継に付いては、WOWOWライブで4日間に亘って予定されている。

 

        米国の女子のツアーは日本人

        次々増えて期待膨らみ

 

 さて、単独で首位を維持しているのは世界ランキング4位のネリー・コルダ(米国、25歳、178㎝)で、2日目6バーディー、2ボギーの-4、トータル-10と伸ばしている。

 

 2日目はインスタート(第10ホールから)で、トータル-6からスタートして、前半では3バーディー、1ボギーの-2、トータル-8と伸ばし、後半に入ってからも3バーディー、1ボギーの-2、トータル-10と順調に伸ばした。

 

        ネリーコルダ確り伸ばし首位を維持

 

        ネリーコルダ首位を維持して強さ魅せ

 

        ネリーコルダ首位で通過し強さ魅せ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング58位のイ・ソミ(韓国、25歳、162㎝)で、2日目7バーディー、1ボギーの-6、トータル-8と大きく伸ばして12位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-2からスタートして、前半では3バーディー、1ボギーの-2、トータル-4と伸ばし、後半に入ってからは加速して、4バーディーの-4、トータル-8と確り伸ばしている。

 

        大きく伸ばし上げて魅すイソミかな

 

        確りと上げ力魅すイソミかな

 

        力魅せ二位で通過しイソミかな

 

 3位タイに付けているのは世界ランキング11位のリン・シユ(中国、27歳、170㎝)、古江彩佳、世界ランキング9位でかつて天才少女と呼ばれ、十代から長く世界ランキング1位に君臨していたリディア・コニュージーランド、26歳、165㎝)で、トータル-7まで伸ばしている。

 

 リン・シユは2日目9バーディー、4ボギーの-5と大きく伸ばして11位上げて来た。

 

 2日目はインスタートで、トータル-2からスタートして、前半では2バーディー、4ボギーの+2、トータルイーブンと落としたが、後半に入ってからは加速して7バーディーの-7、トータル-7と爆発的に伸ばしている。

 

        リンシユや大きく伸ばし上げて魅せ

 

        リンシユや後半加速強さ魅せ

 

        リンシユや三位まで上げ強さ魅せ

 

 古江彩佳は2日目6バーディー、2ボギーの-4と伸ばして6位上げて来た。

 

 2日目の様子に付いてもう少し詳しく見ておくと、インスタートで、トータル-3からスタートして、前半では4ホールをパーで凌いだ後、第14、15ホールと連続でボギーを叩いたが、空かさず第16ホールでバーディーを決めて取り返し、バウンスバック!

 

 続く第17ホールでもバーディーを決めたので、結局イーブンで、トータル-3を維持して後半へと繋いでいる。

 

 後半に入ってからも好調気運を維持して、いきなり第1ホールでバーディーを決め、1つ空いて第3、4ホールと連続でバーディーを決め、1つ空いて第6ホールでもバーディーを決めて、残りの3ホールをパーで凌いだので、結局後半では4打伸ばし、トータル-7として決勝ラウンドへと繋いでいる。

 

        古江彩佳確り伸ばし上げて魅せ

 

        古江彩佳後半加速強さ魅せ

 

        古江彩佳三位まで上げ強さ魅せ

 

        古江彩佳三位で通過期待させ

 

 リディア・コは2日目4バーディー、3ボギーの-1と少し伸ばしながらも、2位下がっている。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-6からスタートして、前半では1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-6と伸ばせなかったが、後半に入ってからは、3バーディー、2ボギーの-1、トータル-7と少し伸ばした。

 

        リディアコや伸ばしながらも二位下がり

 

        リディアコや伸ばし足りずに二位下がり

 

        リディアコや三位で通過強さ魅せ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング35位で飛ばし屋のレキシー・トンプソン(米国、28歳、180㎝)は2日目-4、トータル-5と伸ばし、16位上げて9位タイに付けて来た。

 

        トンプソン確り伸ばし上げて魅せ

 

        トンプソン確り上げて力魅せ

 

        トンプソン九位まで上げ力魅せ

 

 世界ランキング3位のセリーヌ・ビュティエ(フランス、30歳、165㎝)は2日目-3、トータル-4と伸ばし、13位上げて12位タイに付けて来た。

 

        セリーヌや確り伸ばし上げて魅せ

 

        セリーヌや確り上げて強さ魅せ

 

        強さ魅せ上位で通過ビュティエかな

 

 世界ランキング14位のメガン・カン(米国、26歳、155㎝)は2日目-2、トータル-4と伸ばし、2位上げて12位タイに付けて来た。

 

        メガンカンじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        メガンカン上位から上げ強さ魅せ

 

        メガンカン上位で通過強さ魅せ

 

 世界ランキング31位のアリー・ユーイング(米国、31歳、168㎝)、世界ランキング36位のチェ・ヘジン(韓国、24歳、167㎝)は共に2日目-3、トータル-3と伸ばし、24位も上げて18位タイに付けて来た。

 

        ユーイング確り伸ばし上げて魅せ

 

        ユーイング大きく上げて力魅せ

 

        ユーイング上位で通過力魅せ

 

        チェヘジンや確り伸ばし上げて魅せ

 

        チェヘジンや大きく上げて力魅せ

 

        チェヘジン上位で通過力魅せ

 

 世界ランキング13位のアライセン・カーパズ(米国、25歳、175㎝)、世界ランキング19位のリン・グラント(スウェーデン、24歳)は共に2日目-2、トータル-3と伸ばし、7位上げて18位タイに付けて来た。

 

        カーパズやじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        カーパズや上位まで上げ強さ魅せ

 

        カーパズや上位で通過強さ魅せ

 

        リングラントじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        リングラント上位まで上げ強さ魅せ

 

        リングラント上位で通過強さ魅せ

 

 そして畑岡奈紗は2日目3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーのイーブン、トータル-3と伸ばせず、9位下がって18位タイとなっている。

 

 2日目はインスタートで、トータル-3からスタートして、前半では1バーディー、1ダブルボギーの+1、トータル-2と少し落としたが、後半に入ってからは加速して2バーディー、1ボギーの+1、トータル-3と少し伸ばし、この日のスタート時点まで戻した。

 

        畑岡奈紗スコア伸ばせず九位下げ

        其れでも上位流石なのかも

 

        畑岡奈紗上位で通過強さ魅せ

 

 世界ランキング2位のイン・ルオニン(中国、21歳)は2日目+1、トータル-3と少し落とし、14位下がって18位タイとなっている。

 

 世界ランキング12位でカナダの妖精と呼ばれていたブルック・ヘンダーソン(カナダ、26歳、163㎝)は2日目-2、トータル-2と伸ばし、11位上げて21位タイに付けて来た。

 

        ヘンダーソンじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        ヘンダーソン確り上げて強さ魅せ

 

        ヘンダーソン上位に迫り意地を魅せ

 

 世界ランキング1位のリリア・ヴ(米国、26歳、165㎝)は2日目-4、トータル-1と伸ばし、46位も上げて40位タイに付けて来た。

 

        リリアヴや確り伸ばし上げて魅せ

 

        リリアヴや大きく上げて強さ魅せ

 

        リリアヴや中位まで上げ強さ魅せ

 

 そして、西郷真央は2日目4バーディー、1ボギーの-3、トータル-1と伸ばし、33位も上げて40位タイに付けて来た。

 

 2日目はアウトスタートでトータル+2からスタートして、前半では2バーディー、  1ボギーの-1、トータル+1と少し伸ばし、後半に入っても、2バーディーの-2、トータル-1と伸ばしている。

 

        西郷真央確り伸ばし上げて魅せ

 

        西郷真央大きく上げて力魅せ

 

        西郷真央中位で通過意地を魅せ

 

 世界ランキング38位で国内女子ツアーでも活躍し、柔らかい笑顔で人気の高いダンボことチョン・インジ(韓国、29歳、175㎝)は2日目-2、トータル-1と伸ばし、18位上げて40位タイに付けて来た。

 

        チョンインジじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        チョンインジ確り上げて強さ魅せ

 

        チョンインジ中位で通過意地を魅せ

 

 そして稲見萌寧は2日目2バーディー、1ボギーの-1、トータル-1と伸ばし、2位上げて40位タイに付けて来た。

 

 2日目はインスタートで、トータルイーブンからスタートして、前半では1ボギーの+1、トータル+1と少し落としたが、後半に入ってからは加速して、2バーディーの-2、トータル-1と伸ばしている。

 

        稲見萌寧少し伸ばして上げて魅せ

 

        稲見萌寧後半加速力魅せ

 

        稲見萌寧中位で通過意地を魅せ

 

 世界ランキング30位で新鋭のユ・ヘラン(韓国、22歳、175㎝)は2日目イーブン、トータル-1と伸ばせず、15位下がって40位タイとなっている。

 

 世界ランキング23位のジョージア・ホール(イングランド、27歳、165㎝)は2日目-3、トータルイーブンと伸ばし、26位も上げて60位タイに付けて来て、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        ジョージアや確り伸ばし上げて魅せ

 

        ジョージアや大きく上げて強さ魅せ

 

        意地を魅せ何とか通過ホールかな

 

 そして世界ランキング26位のレオナ・マグワイヤー(アイルランド、29歳、168㎝)は2日目-2、トータルイーブンと伸ばし、13位上げて60位タイに付けて来て、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        マグワイヤーじわりと伸ばし上げて魅せ

 

        マグワイヤー確り上げて強さ魅せ

 

        マグワイヤー何とか通過意地を魅せ

 

 なお今回は前半2日間に亘る予選ラウンド終了時に60位タイまでに入っていた68名の選手が後半2日間に亘る決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 それから勝みなみ、世界ランキング29位のカルロタ・シガンダ(スペイン、33歳、173㎝)は共にトータル+4で87位タイ、世界ランキング16位の梁煕英(ヤン・エイミー、韓国、34歳、173㎝)はトータル+5で96位タイとなって、残念ながらCUTの憂き目に遭っている。