sanso114の日記

日々気になったことを気楽に書き留めています。

フォーティーネット・オーストラリアPGA選手権第2日目、金谷、久常、川村等の様子・・・R4.11.25③

 11月24日(木)の5時頃から時差+1時間のオーストラリアのクイーンズランド州にある「ロイヤル・クイーンズランド・ゴルフ・クラブのロイヤル・クイーンランド・ゴルフ・コース(7134ヤード、パー71)」において、オーストラリアの男子ツアー(ISPS HANDA PGA Tour of Australasia)とDPワールドツアー(旧欧州男子ツアー)が共催する「フォーティーネット・オーストラリアPGA選手権」が4日間の日程で開催され、その第2日目、すなわち予選ラウンド最終日が終わっている。

 

 公式サイトによると賞金総額は200万ドルとなっており、これをオーストラリアドルとすれば1ドルが約93.8円であるから、約1億8760万円と何時ものオーストラリア男子ツアーに比べると相当高額となる。

 

 日本人選手としては世界ランキング151位でどうやらDPワールドツアーに落ち着きそうにも見える金谷拓実(24歳、173㎝、75㎏)、世界ランキング217位で積極的に海外ツアーに参戦している新鋭の久常涼(20歳、175㎝、75㎏)、世界ランキング287位で旅人ゴルファーと呼ばれ、DPワールドツアーを主戦場としている川村昌弘(29歳、173㎝、72㎏)が出場している。

 

 そして、川村昌弘に付いてはゴルフと旅に付いて綴られた人気のコラム、「いま僕はココにいます」が期待通りに「Vol.154 オーストラリア編」に更新されていた。

 

 昨シーズンを10月末の「ポルトガル・マスターズ」で終え、最後は大叩きしてテンションが下がり、新シーズン初めのこの大会に出場するかどうか迷っていたそうであるが、この頃よく書いている東南アジアへの癒しの旅によって地元の人達と触れ合い、手作りカレーライスを振る舞うことによって元気を貰えたそうな。

 

 まさに、他人に何かを上げることは自分も何かを貰っている、と言うことを実践的に学べたわけである。

 

 それも旅行の好さなんだろうなあ。

 

        金谷拓実欧州ツアー参戦し

        世界への夢広げるのかも

 

        久常涼若い力でチャレンジし

        海外ツアー成果出すかも

 

        川村や欧州ツアー長くなり

        確かな力見せているかも

 

        川村や旅を通じて人と触れ

        振る舞うことで元気を貰い

 

 さて単独で首位を維持しているのは世界ランキング220位のジェーソン・スクリベナー(オーストラリア、33歳、183㎝、70㎏)で、2日目4バーディーの-4、トータル-10と伸ばしている。

 

 2日目はインスタート(第10ホールから)でトータル-6からスタートして、前半では1バーディーの-1、トータル-7と少し伸ばし、後半に入ってからは加速して、3バーディーの-3、トータル-10と伸ばしている。

 

        スクリベナー確り伸ばし首位を維持

 

        スクリベナー後半加速首位を維持

 

        スクリベナー首位を維持して力魅せ

 

 単独2位に付けているのは世界ランキング3位のキャメロン・スミス(オーストラリア、29歳、180㎝、78㎏)で、2日目8バーディー、2ボギーの-6、トータル-9と大きく伸ばして12位上げて来た。

 

 2日目はアウトスタート(第1ホールから)で、トータル-3からスタートして、前半では4バーディー、1ボギーの-3、トータル-6と伸ばし、後半に入ってからも4バーディー、1ボギーの-3、トータル-9と順調に伸ばしている。

 

        確りと上げ強さ魅すスミスかな

 

        二位に上げ強さ魅すスミスかな

 

        二位通過強さを魅せたスミスかな

 

 3位タイに付けているのは世界ランキング670位のキャメロン・ジョン(オーストラリア、23歳)、川村昌弘で、トータル-8まで伸ばしている。

 

 キャメロン・ジョンは2日目7バーディー、1ボギーの-6と大きく伸ばして23位も上げて来た。

 

 2日目はインスタートで、トータル-2からスタートして、前半では3バーディーの-3、トータル-5と伸ばし、後半に入っても4バーディー、1ボギーの-3、トータル-8と順調に伸ばしている。

 

        キャメロンジョン大きく伸ばし上げて魅せ

 

        キャメロンジョン大きく上げて力魅せ

 

        キャメロンジョン三位で通過期待させ

 

 川村昌弘は2日目7バーディー、2ボギーの-5と大きく伸ばして11位上げて来た。

 

 2日目はインスタートでトータル-3からスタートして、前半では4バーディー、2ボギーの-2、トータル-5と伸ばし、後半に入ってからも3バーディーの-3、トータル-8と順調に伸ばしている。

 

 覚悟を決めて臨んでシーズン初戦、これは気分の好い上げ方ではないか!?

 

 決勝ラウンドでも期待をせざるを得ないなあ。

 

        川村や大きく伸ばし上げて魅せ

 

        川村や確り上げて力魅せ

 

        川村や三位で通過期待させ

 

 以下、気になった選手に付いて簡単に書き留めておく。

 

 世界ランキング58位のアドリアン・メロンク(ポーランド、29歳、198㎝)は2日目-4、トータル-7と伸ばし、9位上げて5位タイに付けて来た。

 

        メロンクや確り伸ばし上げて魅せ

 

        メロンクや確り上げて強さ魅せ

 

        メロンクは五位まで上げて強さ魅せ

 

 世界ランキング246位で実力派中堅外国人選手のひとり、国内男子ツアーでも活躍しているアンソニー・クウェイル(オーストラリア、28歳、193㎝、82㎏)は2日目-2、トータル-7と伸ばしながらも、1位下がって5位タイとなっている。

 

        クウェイルや伸ばしながらも一位下げ

 

        クウェイルや伸ばし足りずに一位下げ

 

        クウェイルや五位で通過し力魅せ

 

 世界ランキング146位で実力ベテラン外国人選手のひとり、同じく国内男子ツアーでも活躍しているブラッド・ケネディオーストリア、48歳、180㎝、82㎏)は2日目-1、トータル-6と少し伸ばしながらも、6位下がって10位タイとなっている。

 

        ブラッドや伸ばしながらも六位下げ

 

        ブラッドや伸ばし足りずに六位下げ

 

        ブラッドや十位で通過強さ魅せ

 

 そして久常涼は2日目3バーディー、2ボギーの-1、トータル-5と少し伸ばしながらも、6位下がって15位タイにとなっている。

 

 2日目はアウトスタートでトータル-4からスタートして、前半では1バーディー、1ボギーのイーブン、トータル-4と伸ばせ無かったが、後半に入ってからは、2バーディー、1ボギーの-1、トータル-5と少し伸ばしている。

 

        久常涼伸ばしながらも六位下げ

 

        久常涼伸ばし足りずに六位下げ

 

        久常涼上位で通過力魅せ

 

 世界ランキング34位で日本でも人気のあるアダム・スコット(42歳、183㎝、82㎏)は2日目+1、トータル-4と少し落とし、13位下がって17位タイとなっている。

 

 世界ランキング61位のミンウー・リー(オーストラリア、24歳、世界ランキング5位で米国女子ツアーを主戦場とする人気女子ゴルファーミンジー・リーの弟)は2日目+2、トータル-4と落とし、16位下がって17位タイとなっている。

 

 そして金谷拓実は2日目4バーディーの-4、トータル-3と伸ばし、68位も上げて24位タイに付けて来た。

 

 2日目はインスタートで、トータル+1からスタートして、前半では1バーディーの-1、トータルイーブンと少し伸ばし、後半に入ってからは加速して、3バーディーの-3、トータル-3と伸ばしている。

 

        金谷拓実確り伸ばし上げて魅せ

 

        金谷拓実大きく上げて強さ魅せ

        

        金谷拓実中位で通過意地を魅せ

 

 世界ランキング132位のニコライ・ホイガールト(デンマーク、21歳、ホイガールトツインズのひとり)は2日目イーブン、トータル-3と伸ばせず、10位下がって24位タイとなっている。

 

 世界ランキング71位のマーク・リーシュマン(オーストラリア、39歳、188㎝、90㎏)は2日目+1、トータル-1と少し落とし、14位下がって40位タイとなっている。

 

 世界ランキング405位のウェイド・オムスビー(オーストラリア、42歳、175㎝、73㎏)は2日目イーブン、トータル+1と維持し、30位も上げて62位タイに付けて来て、ぎりぎりで予選を通過している。

 

        オムスビースコア維持して上げて魅せ

 

        オムスビー大きく上げて通過魅せ

 

        オムスビー何とか通過意地を魅せ

 

 そして、世界ランキング67位のキャメロン・デービス(オーストラリア、27歳、193㎝、82㎏)は2日目+2、トータル+1と落とし、22位も下がって62位タイとなり、ぎりぎりで予選を通過している。

 

 以上で、62位タイまでに入っている77名の選手が後半2日間に亘る決勝ラウンドへと駒を進めることが出来た。

 

 それから世界ランキング104位のラスムス・ホイガールト(デンマーク、21歳、ホイガールトツインズのひとり)はトータル+2で78位タイ、世界ランキング27位のライアン・フォックス(ニュージーランド、35歳、178㎝、98㎏)、世界ランキング316位のマシュー・ジョーダン(イングランド、26歳)、世界ランキング403位のデビッド・ホージーイングランド、37歳、180㎝、70㎏)は3人共トータル+4で96位タイとなって、残念ながらCUTの憂き目に遭っている。

 

 なお世界ランキング55位のルーカス・ハーバート(オーストラリア、26歳、188㎝、78㎏)は残念ながら途中で棄権している。